アイドルグループ・関ジャニ∞丸山隆平が、14日に放送されたMBS・TBS系情報番組『サタデープラス』(毎週土曜8:00〜)で、ジャニーズ事務所の先輩・木村拓哉らにインタビューした。

丸山は、日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』に出演する木村拓哉、竹内結子、松山ケンイチを直撃。木村と会話するのは、楽屋にあいさつに訪れたとき以来という丸山は、終始緊張した様子で、VTR後のスタジオでのトークでヒロミから「オーラすごいだろ?」と言われると、「圧倒されていました」と返した。

トークの中で木村は、歌番組での丸山の様子について、「ほかのメンバーがMCの方とお話しされているときにずっとカメラ目線で手を振っていて、何やってんだろうという感じで温かく見ています」と話し、「なんで一人だけ手を振ってたの?」と質問。丸山は「見られてるー!」と驚き、「関西出身なので、局の方にバラエティを仕込まれるんです。みんなと同じことをやっていたらカメラに映れないよっていうのを刷り込まれまして…」と説明すると、木村は「素晴らしいと思います」と称えた。

今回、質問が書かれたボードを木村らが引いて答えるという形で進んだが、ラストで木村が「最後、丸山さん」と丸山に質問。「脳が幸せを感じる瞬間」について丸山が「おいしいご飯食べているとき」と返すと、木村は「ふつーう」とツッコみ、丸山は「あーオチだったのか。また反省会や」と悔しがった。また、「のぞいてみたいな、現場」という丸山の発言に対して、木村が「YOU、来ちゃいなよ!」とジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長のモノマネを披露し、盛り上げる場面もあった。

丸山はインタビューを振り返り、「木村さんがほとんど回してくださって、気遣い心遣いが…先輩の背中を見て、僕もああいう風になっていかなきゃなと思いました。目標が見えた感じです」とコメント。「フォローもたくさんしていただいて、先輩としてもそうですけど、男としての懐の深さを感じました」と語った。