六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(東京都港区六本木)は9月24日〜11月13日、「大都市に迫る 空想脅威展」を開催する。

同イベントは、9月24日〜11月13日の期間限定で開催する東京を一望できる天空のパノラマラウンジ「Tokyo City View Lounge」内の特別企画。「日本の特撮」をテーマとし、ガメラやギャオスなど、1960年代から盛り上がった日本の特撮作品に登場した「空想脅威」の歴史や誕生秘話などを紹介するものとなる。

戦後、日本独自の文化として盛り上がってきた特撮作品。作品内では、空想上の怪獣や怪人たちが幾度となく都市を襲ってきた。今回の展示では、通常一般非公開の縮尺1/1,000の都市模型(森ビル制作)が登場し、映画やドラマで人々の平和を脅かした空想上の怪獣や怪人たち(=空想脅威)と都市との関係を、撮影で使用されたセットや模型とともに、最新の3D地図を用いながら振り返る。怪獣目線になれるような映像仕掛けで「空想脅威」をよりリアルに体感できるという。

また、昭和から平成と数々の空想脅威に対する守護者として、1965年から12作品もの映画作品でライバル怪獣たちと死闘を繰り広げた怪獣ガメラも登場。都市破壊の描かれ方を製作資料で振り返るとともに、『ガメラ2 レギオン襲来』における"最終防衛線"を2016年の設定でシミュレーションする企画展示も行う。

さらに「空想脅威年表」も展示。映画やテレビドラマなど戦後の日本で生み出されてきたさまざまな空想脅威を描く作品に登場する、時代ごとの社会情勢と密接に関連しながら人々の平和を脅かす怪獣たちの、それぞれの時代の空想脅威を振り返る。

そのほか、会場内にはまるで都市模型の中に入り込んだような気分になるフォトスポットや、実際に撮影で使われたガメラヘッドと写真を撮れるフォトスポットも2カ所に登場し、空想脅威のスケール感も体感できる。また、東京シティビュー内スーベニアショップでは、特撮関連グッズも用意しさまざまなアイテムが勢ぞろいする。

「Book Cafe Lounge」では、ガメラをイメージした本展とのコラボメニューが2品登場。「ガメラバーガー」はシュー生地を使い、立体的にガメラを表現した。中には相性のいいローストチキン・トマトサルサをサンドし、"火を噴く"辛さのハラペーニョがアクセント。下にはトマトをあしらい、火を噴いて飛んでいる様子を表現している。 1日限定20食で、価格は1,280円(税込)となる。

小松菜とバナナ、ミルクの他に、スーパーフードのチアシードも入ったヘルシーなドリンク「ガメラのグリーンスムージー」は、グラスの縁にガメラの甲羅に見立てたパイナップルをあしらった。価格は800円(税込)。なお、ガメラメニュー2点を同時にセットで注文すると、オリジナルコットン巾着をもれなくプレゼントする。限定100枚で、先着順となる。

「Tokyo City View Lounge」は、9月24日〜11月13日開催。なお期間中、イベントなどでクローズする日もある。時間は10時〜22時(最終入館 21時30分)。「Book Cafe Lounge」でのメニュー提供は11時〜22時(L.O.21時30分)。会場は六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー。入場料(税込)は、一般1,800円、学生1,200円、4歳〜中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円。