○第40回 iOS 10で進化するiPad

毎年恒例の9月イベントが終わり、iPhone 7シリーズと新しいApple Watchが発売。iPadは新機種こそ出なかったものの、iOS 10を適用することで機能アップとなった。今回はiOS 10でiPadがどのように変わるのかをレポートしよう。

○広い画面を活かす表示

まず最初に気がつくのが、ロック画面の表示が変更になったことだろう。スリープ復帰時に通知が表示されるのはこれまで通りだが、右にスワイプするとウィジェットが表示されるようになった。ウィジェットは二列になっており、編集して追加、削除が可能。標準アプリ以外にもウィジェットにタイプしたアプリを追加できる。ウィジェットは起動後もホーム画面からさらに左にスワイプで表示可能だ。

コントロールセンターも2画面になり、ボタン類が大きくなって扱いやすくなった。ミュージック再生時にはアートワークも表示される。

メールの表示もランドスケープ時にMacのメールと同じメールボックスの表示ができるようになった。メールボックスごとに表示を分けることができるので判りやすい。

Safariも2画面を表示できるSplit Viewが利用可能に。開きたいリンクを長押ししてメニューを表示して、Split Viewを選んで表示する。

○アプリに追加された新機能

「写真」アプリには新機能が追加されている。「メモリー」と呼ばれるこの機能はライブラリ内の写真を場所、時間などで自動的に分類してアルバム風に見せてくれるもの。撮影場所の地図を使った表示や、自動スライドショーが利用できる。

アルバムには自動で分類する「撮影地」や「ピープル」が追加された。撮影した写真をできる限り自動で分類できる工夫がされていることがうかがえる。

また画像編集にマークアップ機能が追加され、画像に注釈をつけることができるようになった。

今回、iOS 10で大きく強化されたのは「メッセージ」アプリ。App Storeから購入したステッカーを使ったり、アプリをプラグインのようにして使うことができる。

ステッカーやアプリは「+」のStoreボタンをタップすると、App Storeの対応するものが表示される。まだ種類は多くないが、無料で使えるステッカーもある。インストールされたものはアプリボタンで順番に表示され、利用できる。

ハートのアイコンはApple Watchにも採用されているDigital Touchで、手描きの絵やマークを送る機能。カメラを起動して顔を写した状態で静止画や動画を撮影して送ることもできる。

メモもフォルダ表示ができるようになり、メールと同じように3ペインに。さらに書いているメモを他の人と共有して利用することができるようになった。

他には時計に「ベッドタイム」機能が追加。毎日の就寝時刻、起床のアラームが設定され、それらがリマインダーで通知される。

「ホーム」アプリは対応する家電品をiPadからコントロールするためのもの。日本ではこれらの分野が少し遅れているため、対応製品も多くないのが残念だ。

駆け足で紹介したiOS 10の新機能。まだまだ知られていない機能もありそうなので、もう少し使い込んでからさらに詳しいレビューをしてみたい。