自然食カフェすぴか(東京都墨田区)は10月1日、すみだ北斎美術館のオープンを記念し、葛飾北斎の代表作「赤富士」および出身地である「すみだ」をモチーフにしたマクロビオティックスイーツ2種類を発売する。

「すみだ北斎美術館」(東京都墨田区)は、墨田区で生まれた江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎を区民の誇りとして永く顕彰するために開館する美術館。11月22日にオープンを予定している。

今回、同店が発売するスイーツは、葛飾北斎の代表作「赤富士」をモチーフにした「赤富士クッキー」(150円)と、すみだをイメージした「すみだマフィン」(200円)の2種。

「赤富士クッキー」は、生地に自然栽培の小麦粉と玄米粉を使用した。赤い生地の色には、紫いも粉を使用している。紫いもは、ポリフェノールの一種であるアントシアニンを豊富に含んでいるさつまいもの一種で、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維などの成分が豊富に含まれている。

また、アントシアニンには目の健康を守る効果や免疫力向上効果もあるとのこと。精製していないホールフードの全粒粉や玄米粉を使用しているため栄養価も高く、香ばしい風味やサクサクとした食感も楽しめるという。

「すみだマフィン」は、生地に自然栽培の小麦粉を使用した。「すみだ」の「すみ(炭)」から連想して、15ミクロンという微細の竹炭パウダーを生地に練り込んでいる。炭は吸着性能が高いため、体内にたまった老廃物を吸収して体外へ排出するデトックス効果が期待できるという。

マフィンの表面には、北斎が「新板浮絵両国橋夕涼花火見物之図」などで描いている隅田川の花火をイメージして、クコの実(ゴジベリー)をトッピングした。クコの実は、スーパーフードのひとつで、美肌効果、老化防止の効果があると言われている。

なお、両商品とも動物性食材は一切使用していないとのこと。

※価格はすべて税込