牧野出版は9月21日、『ポケモンGOが世界経済を救う!』(藤本誠之 著/1,500円+税)を発売した。

○人が歩けば経済効果は大きい

今や社会現象にもなっているスマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」。屋外に出てさまざまなところへ徒歩で移動するゲーム特性から、著者の藤本氏は「人が歩けば経済効果は大きい。位置情報ゲームは人を動かす、歩かせる。歩くとお腹が空く、喉も渇く。そうすると経済も活性化しますし、健康にもいいはず。医療費も減るのでは。世の中にとってプラスになると思います」と話す。

本では、ポケモンGOとは何かというやさしい解説から、位置情報ゲームについて、グーグルの世界戦略の話、さらにこれまでのポケモンGOの経済効果やその将来、株式市場に与えた影響などが綴られる。最大の読みどころは、「ポケモンGOから学ぶ、個人投資家の心得」の章。ポケモンGO関連銘柄の株価の動き方を参考に、半歩先を読むことや連想ゲームをすることなど、個人投資家が株式投資を行う際の鉄則を導いている。また、それらの具体的な銘柄についての紹介もある。

著者の藤本誠之氏は、"相場の福の神"として知られるSBI証券投資調査シニアマーケットアナリスト。Yahoo! 株価予想2012年勝率1位で、39勝を成し遂げた。