米Yahooは22日(米国時間)、少なくとも約5億にのぼる同社のユーザーアカウント情報が、社内ネットワークから2014年後半ごろに盗まれていたと発表した。

アカウント情報には、氏名、メールアドレス、電話番号、生年月日、ハッシュ化されたパスワードが含まれている。また、場合によっては秘密の質問とその回答も含まれる。現在継続中の調査によると、保護されていないパスワードやクレジットカード情報、銀行口座情報は含まれていないとしている。

同社はこのデータ流出を「国家的な行為によるもの」と主張しており、関係する法執行機関と協力し調査を進めている。合わせて、ユーザーに対しパスワードや秘密の質問の回答を変更することを呼びかけている。