東宝は9月23日、新海誠監督のアニメ映画『君の名は。』が公開28日で観客動員774万人、興行収入100億円を突破したことを発表した。

同作品は全国301スクリーンで8月26日に封切られ、公開3日間で観客動員95万人、興行収入12億円を記録していた。邦画で興行収入が100億円を超えたのは、宮崎駿監督のアニメ映画『風立ちぬ』(2013年公開)以来3年ぶり(興行通信社調べ)。