日本人に1日の歯磨きの回数を聞いたアンケートでは、「1日2回」の人が44.3%を占めた。次いで「1日1回」(24.0%)、「1日3回」(23.7%)がほぼ並び、「1日1回」は女性より男性が多かった。

では、外国人の場合はどのような結果が出るのだろうか。今回は、日本在住の外国人20名に「1日の歯磨きの回数」について聞いた。回答を見ていこう。

Q.歯磨きを1日に何回しますか? 理由とあわせて教えてください。

■1日3〜4回
・「1日3回します。ご飯を食べた後、歯磨きをします」(ギリシャ/30代後半/男性)
・「歯磨きは基本的に食事をした後にするので、1日3回です」(イタリア/30代前半/男性)
・「1日に3回ぐらいです。食事後、いつも歯を磨くからです」(ブラジル/40代前半/男性)
・「食事後すぐ。3〜4回」(韓国/30代前半/女性)
・「食事の後、朝起きたら。3〜4回」(ドイツ/40代後半/女性)
・「3回。朝ご飯の後、昼ご飯の後、寝る前に。さっぱりしたいから」(タイ/30代前半/女性)
・「毎食後に歯磨きをします。口臭やむし歯予防のためです」(モンゴル/40代前半/女性)
・「3回。毎回食事後」(インド/30代後半/女性)

■1日2回
・「2回です(朝・夜)。ハブラシを家にしか置いていないからです」(アメリカ/20代後半/男性)
・「2回。朝と夜。それは普通ですから」(ウクライナ/30代前半/男性)
・「寝る前と朝食後、2回行う場合が多いです。ちゃんと磨けば1日2回できれいな歯を維持するのに十分だと思うからです。歯のきれいさが気になるときは(スピーチなど)、追加的に磨いたりもします」(モロッコ/30代前半/男性)
・「せめて2回(朝と夜)。清潔のためです」(エジプト/30代前半/男性)
・「1日2回。朝と夜」(インドネシア/30代前半/男性)
・「ランチ後と寝る前です。朝は時間がないですから」(キルギス/30代前半/女性)

■1日1回
・「1回だけ寝る前に。昼間は面倒くさい。使い捨ての小さいものがあれば役立つだろう」(トルコ/30代後半/男性)
・「寝る前に1回のみ。やりすぎると歯や歯茎が弱くなる」(フランス/30代前半/女性)
・「1回。もっとしなきゃいけないと思っていますが、なかなかできないです」(ロシア/30代前半/女性)

■総評
「1日3〜4回」という人が「1日2回」よりやや多い結果となった。朝・昼・晩の食後には歯磨きをしたいが、朝や昼は忙しくて時間をとれない人も多いようだ。口の中に食べかすが残ると、むし歯のほか、口臭の原因となる舌苔(ぜったい)を引き起こすこともある。仕事などで人と会って話す機会が多い人は特に、食後の歯磨きはエチケットの1つなのかもしれない。

また、「就寝前1回」の人もわずかにいた。時間がないこと以外に「やりすぎると歯や歯茎が弱くなる」という理由もあった。ハブラシでごしごし擦って歯の表面や歯茎などを痛めることのないよう、正しい歯磨き方法を身につけたいものだ。

世界では、「1日2回の歯磨き」を怠ると、歯茎の出血や歯のぐらつきなど、さまざまな健康被害を招くと指摘されている。歯周病まで進行してしまうと、糖尿病や心臓病など全身の病気に関わると言われているため、やはり毎日の歯磨きで健康な歯を守っていくことが大切と言えるだろう。

※写真と本文は関係ありません

調査時期: 2017年1月23日〜2017年2月28日
調査対象: 日本在住の外国人
調査数: 20人
調査方法: インターネット応募式アンケート