リコーは21日、LED光源の小型短焦点プロジェクタ「RICOH PJ WXC1110」を発表した。9月30日から発売する。価格はオープン、店頭予想価格は82,000円前後(税別)。

本体サイズがW112.5×D112.2×H57.1mm(突起部含む)という手のひらに載るサイズながら、LED光源で600ルーメンの明るさを実現したプロジェクタ。重量は約450g。ただし電源はACアダプタで、バッテリ駆動には対応していない。

画素数は1,280×800ドットで、90cmの距離から約50インチの画面を投影できる。投影画面サイズは50〜100インチ、投影距離が0.86〜1.72m。コントラスト比は1:40,000(ハイコントラストモード)。光源寿命はブライトモードで約20,000時間、エコモードで約30,000時間と長い。

映像入力インタフェースはHDMI×1(MHL対応)と、PC入力用の専用コネクタ(D-Sub変換ケーブル付属)。加えて、USBポートとmicroSDメモリーカードを備え、各メディアに保存したコンテンツを直接投影できる。音声再生用に1.5Wのスピーカーを内蔵し、ヘッドホン出力もある。

そのほか主な仕様は、投写方式が単板DLP、アスペクト比が16:10、RGB対応信号はリアル解像度で1,280×800ドット〜800×600ドット、圧縮表示で1,600×1,200ドットおよび1,280×1,024ドット。レンズは焦点距離が8.02mm、明るさがF1.6。フォーカスは固定または手動となる。リモコンが付属。