バンダイが展開するハイクオリティ完成品トイ「METAL BUILD」の最新作が、ガンダムF91であることが明らかになった。公式サイト「魂web」にティザーサイトがオープンしている。

「METAL BUILD」は、「GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE」シリーズで培われた開発ノウハウを惜しみなく投入し、作品のデザイン性や世代に応じた商品デザインアレンジで立体化した、最高のクオリティーのロボット完成品トイ。「デスティニーガンダム」など、立体化されたアイテムは高い人気を誇っている。

1991年に公開された劇場アニメ『機動戦士ガンダムF91』に登場したガンダムF91。メカニックデザイナーの大河原邦男が手掛けた同機のビジュアルは、アナハイム・エレクトロニクス社製ではなくサナリィ社が開発したという設定から従来と大きく異なるデザインになっており、いまでもファンの多いMSとしてゲーム作品などにも登場している。

「METAL BUILD ガンダムF91」は、9月24・25日に東京ビッグサイトで開催される「第56回 全日本模型ホビーショー」にて初展示される。

(C)創通・サンライズ