台湾MSIは23日、GeForce GTX 1060搭載グラフィックスカード「GeForce GTX 1060 ARMOR 6G OCV1」を発売した。店頭予想価格は税別33,980円。

すでに販売中のGeForce GTX 1060搭載カード「GeForce GTX 1060 ARMOR 6G OC」の出力インタフェースを変更した製品。HDMI×1 / DisplayPort×3 / DVI-D×1から、HDMI×2 / DisplayPort×2 / DVI-D×1とHDMIポートを1基増やし、DisplayPortを1基減らしたことで、HDMI出力を必要とするVRヘッドマウントディスプレイと、HDMIディスプレイを併用できるようにした。

冷却には既存モデルと同じ、2基のファンで構成される独自の冷却機構「ARMOR 2X」を採用。アルミ製吸熱フィンを備えた大型のヒートシンクには軽量なものを用いることで、グラフィックスカード全体の総重量を692gに抑えた。低負荷時にはファンの動作を停止する「Zero Frozr」に対応する。

主な仕様は、CUDAコア数が1,260基、ベースクロックが1,544MHz、ブーストクロックが1,759MHz、メモリクロックが8,008MHz相当、メモリは192bit接続のGDDR5 6GB。PCとの接続バスインタフェースはPCI Express 3.0 x16。映像出力端子はHDMI(2.0b)×2、DVI-D-DL×1、DisplayPort×2。補助電源は8ピン×1。本体サイズはW279×D140×H39mm、重量は692g。