大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は23日、12月16日から大阪城の西の丸庭園にてライブショー「戦国・ザ・リアル at 大坂城」を開催することを発表した。庭園内にて発表セレモニーが行われ、NHK大河ドラマ『真田丸』に出演中の草刈正雄と山本耕史も駆けつけた。

同イベントは、日本が誇るエンターテインメントブランドが集結する「ユニバーサル・クールジャパン 2017」の一環。大阪城に映し出される大迫力のプロジェクション・マッピングや本格的なライブ・ショーが楽しめる。メインとなるライブショーでは、真田幸村の気概や勇敢さを表現する。また、西の丸庭園には、大阪城を背景に戦国時代の楽市・楽座の装いのリアルな夜店が軒を並ねたエリアも登場。戦国時代にタイムスリップしたかのような体験ができる。

発表セレモニーでは、「真田」の象徴でもある赤色の陣営に、赤の甲冑を身に着けた騎馬武者や戦国武将が現れ、陣幕が振り落されると松井一郎大阪府知事、吉村洋文大阪市長、『真田丸』出演中の草刈正雄(真田昌幸役)、山本耕史(石田三成役)らが登場。そして、ユー・エス・ジェイのジャン・ルイ・ボニエCEOらが開催決定を宣言した。

草刈は「ビックリしました。僕もこのようなイベントを考えていたんですよ」と明かし、「世界からも魅力的なコンテンツである戦国をテーマとした壮大なライブ・スペクタクルショーが行われることは本当に素晴らしい。世界中の方がワクワクドキドキする事を、非常に楽しみにしています」とコメント。山本も「日本の"美"は、こういうイベントにあると思います。日本が誇る"美"を、本当に目の前で繰り広げられるショーとして世界に広めることができる機会にワクワクしています。老若男女問わず、お子さんも外国の方たちも、多くの方に見ていただきたい」と期待感を表した。

「戦国・ザ・リアル at 大坂城」は、12月16日〜2017年3月12日。料金は大人2,480〜3,480円(イベント会場入場およびライブショー観覧席を含む)。