スウェーデンのゲーミングデバイスメーカー・Moinixは20日(現地時間)、ユーザーの身体反応をモニターして共有できるゲーミングマウス「NAOS QG」を発表した。価格は129ドル(約12,700円)/129ユーロ(約14,600円)程度で、今後日本国内の発売も予定している。

NAOS QGは、クラウドファウンディングサイト「Kickstarter」と、ライブストリーミング配信サービス「Twitch」のユーザーコミュニティとのコラボレーションから開発されたゲーミングマウス。本体に生体反応を検知するセンサーを搭載し、ユーザーの生体情報とマウスの動作から収集したデータをゲーム画面にオーバーレイ表示できる。

具体的には、ユーザーの心拍数や、ガルバニック皮膚反応(GSR)と呼ばれる、皮膚を流れる電流抵抗の変化をモニタリングし、ゲーム画面にオーバーレイ表示する。上記のセンサーで感知されたもののほか、秒単位あたりのクリック数、マウスの移動スピードなども表示可能。開発用のオープンAPIも提供される。

主な仕様は、センサーが光学式、解像度が12,000dpi、ポーリングレートが1,000Hzなど。搭載する7個のボタンはそれぞれプログラマブルになっている。インタフェースはUSB。