●なぜAnkerが「家電」を?
アンカー・ジャパンは9月21日、家電ブランド「eufy(ユーフィー)」の立ち上げを発表。同日、自動掃除ロボットを含めた4製品を披露した。

Ankerといえば、高品質なモバイルバッテリーやスマートフォン周辺機器メーカーとして人気のブランド。アンカー・ジャパン代表取締役の井戸義経氏によると「バッテリーなどの周辺機器は、メーカー純正製品は高品質だが高価格。一方サードパーティー製は低価格だが品質やサービスが貧弱であることが多い。そこで、高品質ながら低価格な製品の提供を目指した」という。自社カスタマーサービスの設置により、顧客の声を直接開発に反映できるなど、他社にはない強みがあるとした。

また、「Ankerはスマートフォンの周辺機器メーカーというイメージがあるが、我々が目指しているのは、スマートフォンに限らずユーザーが快適な生活を送るための一歩を後押しすること」とコメント。このため、より生活に密着した「家電」という分野に参入し、新ブランド「eufy(ユーフィー)」を立ち上げた。同時に、ロボット掃除機、デスクライト、加湿器という「健康と安心」に関わる製品を投入する。

○大容量バッテリー搭載のロボット掃除機「RoboVac 20」

新ブランドで最初に紹介されたのは、ロボット掃除機「RoboVac 20」。直販価格は29,800円と、一般的な掃除機の半額以下で、かなり意欲的な価格帯だ。発売は10月5日。

RoboVac 20はサイドブラシと回転ブラシ、吸引力により床のゴミを掃除する掃除ロボット。高さが8cmとコンパクトなので、ソファの下など、狭い隙間にも入り込んで掃除できる。また、本体周囲には超音波センサーを搭載しており、掃除ルートを検知。家具にぶつかる前に障害物を感知して避ける。落下感知センサーも搭載するため、階段などから落ちることもない。

掃除モードは、自動モードのほかランダムに移動するフリーモード、狭い範囲を重点的に掃除するスポットモードなど7モード搭載。リモコンも付属しており、好きな方向に移動させる指示もできる。

特に注目したいのはバッテリーだ。モバイルバッテリーで名をはせるアンカーらしく、RoboVac 20には容量6,700mAhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載している。一回の充電で約3時間の連続駆動が可能で、約100平方メートルの部屋を一度に掃除できる。

●USB給電できるデスクトップライトに、超音波加湿器
○USB給電できるデスクトップライト「Lumos E1」「Lumos A4」

次に紹介されたのが、デスクトップライト「Lumos E1」と「Lumos A4」。Lumos E1は11月上旬発売予定で、価格は5,980円、Lumos A4は10月5日発売で価格は3,480円だ。どちらも光源にはLEDを採用しており、従来の電球と比較して75%消費エネルギーが少ないという。ライトの寿命も約50,000時間と長い。

明るさや色温度の変更が可能なのも特徴。Lumos E1は、明るさが6段階、色が5段階から選択可能で、合計30種類の明かりを楽しめる。特徴的なのが、本体後部にUSBの給電ポートを2基搭載していること。各ポートは最大2.4A出力に対応し、合計最大3Aの充電が可能。さらにPowerIQ対応で、接続したデバイスに合わせて最適な電流で急速充電を行う。

Lumos A4は明るさが5段階、色が4段階からの選択となる。USB給電機能は搭載していない。

○コンパクトな超音波加湿器「Humos Air」

最後に発表されたのは超音波加湿器「Humos Air」だ。発売は11月上旬で、価格は4,980円。約4Lのタンクを搭載し、コンパクトながら最大26時間の連続加湿が可能。フルパワー時でも動作音が38dBと小さいのも特徴のひとつとなっている。

ミストの量は3段階から選べるほか、噴出の方向は360度の範囲で変更可能。タイマー設定も行える。本体背面にはオイル用のソケットを搭載し、エッセンシャルオイルなどを垂らせば、オイルディフューザーしても使用できる。

このほか、アンカー・ジャパンからすでに発売済みのスティック型掃除機「HomeVac Duo」も、今後はeufyブランドで発売する予定だ。