富士フイルムはドイツ・ケルンで開催中のPhotokina会場にて日本のプレス向けに「GFX」についての説明会を開催した。GFXは9月20日に開発発表された中判システム。43.8×32.9mmのイメージセンサーを搭載したミラーレスカメラ「FUJIFILM GFX 50S」と新開発の「フジノンGFレンズ」によって構成される。2017年春から順次発売される予定だ。

○なぜ、GFXが必要なのか?

説明会の冒頭、商品企画を担当した大石誠氏は、GFXは「究極の静止画を撮るためのシステム」であり、Xシリーズで追求してきた写真画質のさらに上を目指す製品群と位置付けた。プロダクトマネージャーの久保田政勝氏は、「X-Pro 2」と「X-T2」のダブルフラッグシップ機によってXシリーズで十分なパフォーマンスが発揮できる撮影領域を広げてきたが、広告写真やファッション写真といったトップエンドのニーズに応えるためGFXを開発したと説明した。

GFXは、ミラーレスの特性を活かして中判システムでありながらボディの小型・軽量化を追求。カメラ本体・GFX 50Sの横幅はフルサイズの一眼レフ機と同程度、重さは1kgを切る見込みだ。EVFは取り外しが可能となっている。

CMOSセンサーのサイズは43.8×32.9mmで、35mmフルサイズの約1.7倍に相当する大きさだ。センサーピッチに余裕が生まれたことで、画質面でも有利に働く。画質設計のコンセプトである「リアルで自然な画作り」を再現するべく、製品発売まで開発を進めていく。

以下、GFXの写真を中心に掲載する。