●銀座の新しいランドマークとなるか
ソニーマーケティングは9月24日、「ソニー ショールーム/ソニーストア 銀座」をGINZA PLACEビルにオープンする。それに先立つ23日、記者会見を実施。その様子をレポートする。

「ソニー」「銀座」と来たら、数寄屋橋交差点に建つソニービルを思い起こす人も多いのではないだろうか。「ソニー ショールーム/ソニーストア 銀座」は、もともとソニービルに入っていたコンテンツで、ソニービルのリニューアルのために8月28日に一時休業し、今回、移転オープンの運びとなった。

ちなみにソニービルは、2017年3月末に営業を一旦停止してビルを解体。元の場所に新しいビルを建設して、2022年秋にリニューアルオープンする予定だ。ゆくゆくは、ソニーは銀座に2つの情報発信拠点を構えることになる。

移転オープンした「ソニー ショールーム/ソニーストア 銀座」は、ソニービルの建つ数寄屋橋交差点から徒歩3分ほど東の、中央通り沿いの銀座四丁目交差点に立地する。中央通りは、週末には歩行者天国となる銀座の中心。この4階〜6階の3フロアが、ソニーの新しいスペースだ。オープン時の従業員数は店長を含めて67名の体制。スタッフのほとんどはソニービルから移ってきた人員とのこと。

なお、GINZA PLACEビルの1階と2階は、日産自動車のショールームとなっており、3階はイベントスペース&カフェ、7階と地下は飲食、9階はSPA、10階はジュエリーといった内容だ。こうした、ソニーと異なる業種に集まるお客にも足を止めてもらえるショールームを目指したという。

記者会見では、ソニーマーケティングの河野社長が壇上に立ち、「ソニービルがオープンした1966年から50年目の節目の年に、新しいショールームを銀座にオープンできることに深い感慨を覚える」と挨拶した。

累計3億人が来場したというソニービルでは、創業以来の方針として、サービスの継続性を一番に重視。商品を販売するだけでなく、販売した後もサポートや使い方提案などでユーザーとつながり続けたと振り返る。

新しいショールームでもその方針は堅持。「カスタマーサポートの最重要拠点」と位置付け、お客とのコミュニケーションの場を大切にし、「ソニー製品のユーザーを一人でも増やし、ソニーファンを創造していくのが使命だ」と述べた。

ストアのコンセプトについては、「写真と音楽と映像と。さあ、新しい感動体験を。」をキーワードに掲げる。映像・音楽・写真の体験はもとより、テクノロジーやライフスタイル、教育に関心のあるユーザーも楽しめる「ソニーファンを創る」ためのスペースだ。

特に目玉となるのは、この店舗でしか体験できない100V型の液晶テレビ「BRAVIA」展示、4K対応プロジェクターの先行展示、ハイレゾ音源の視聴コーナー、デジタルカメラ「α」シリーズにおけるすべての現行モデルとレンズをそろえて、体験・購入が可能といったところ。

さらに、東京ゲームショウ 2016でも展示していた「PlayStation 4 Pro」と「PlayStation V」Rの体験スペースも用意している(PlayStation 4 Proは期間限定)。

●フロアを見渡してみよう
続いて登壇した尾澤店長は、各フロアの構成と見どころを掘り下げて紹介。オープニングイベントの内容についても触れた。

4階はカメラ・モバイル・PCフロアとなる。カメラコーナーでは、αシリーズの現行モデルとレンズがすべてそろっているだけでなく、専門知識を備えたスタッフを配置し、カメラの使い方や撮り方なども気軽に相談できるという。プロカメラマンを招いてのセミナーや体験会なども実施していく。

5階はオーディオ・ビジュアル・ゲームフロア。何といっても受注生産のみで価格は700万円という、超高級テレビの100V型BRAVIAが目を引く。離れた場所からでも、間近に近寄っても、大画面の迫力と圧倒的な高画質を実感できる。

PlayStation VRの体験コーナーもこのフロアだ。1回10分程度で気軽に体験できるプログラムを用意している。さらにこのフロアでは、児童を対象にした創造力育成のためのロボットプログラミング学習キット「KOOV」も参考展示する。

6階はツーリスト・ギャラリー・サポートフロア。多目的フロアであり、会員制プログラムのプロサポートが受けられる窓口や、外国人観光客のニーズに応えるTax Freeのツーリストコーナーなどを置く。

尾澤店長は「ソニーファンのための店舗ではなく、新しいソニーファンを創るための店舗だと思っている。そのための施策をいろいろ考えている。オペレーションをきちっと回して、期待に応える場所にしていきたい」と抱負を述べた。

予約不要で入場無料のイベントはもちろん、応募当選した人だけが参加できるクローズドイベントなど、積極的に展開していくとのこと。ただ、これだけのポテンシャルがあれば、もっともっと驚くような楽しい仕掛けを期待できるのではないか。日本全国はもとより、海外からも「ショールームが見たくて来た」というお客が呼べるのではないか。期待も含め、そんな印象を受けた。