●さらに改善したMicrosoft Edge
2017年1月12日(以下すべて米国日時)、MicrosoftはWindows 10 Insider Preview ビルド15007を、ファーストリングを選択したPCおよびモバイル向けにリリースした。同社はMicrosoft Edgeのさらなる改善を加えつつ、システム周りをさらに磨き上げている。

○2月開催の「Bug Bash」に向けた新OSビルド

本連載でも何度か述べて来たように、筆者はマルチディスプレイ環境のデスクトップPCと2-in-1 PC上のWindows 10を、Windows Insider Programに参加させている。これまでもいくつかのトラブルを体験してきたが、前ビルドにあたるWindows 10 Insider Preview ビルド15002は、なかなか手に負えない問題が発生していた。

筆者はデスクトップPCに4Kディスプレイを200%、2枚のフルHDディスプレイを150%のスケーリングで利用している。だが、何かの拍子にタイトルバーなどをクリックしても、ウィンドウがアクティブにならないのだ(蛇足だが、2-in-1 PCでは何の問題も発生していない)。試行錯誤を繰り返すと、どうやらマウスカーソルの表示位置と内部的な位置がずれているらしく、[Alt]+[Tab]キーでアクティブウィンドウを切り替えて、キーボードによる操作は何の問題も発生しない。セキュリティ画面から「タスクマネージャー」を起動し、そして終了すると改善するため、前ビルドから加わったデスクトップアプリの高DPI対応が影響しているのだろう。

OSビルド15002に関しては、その他にもショートカットファイルとしてインストールしたフォントが再サインインすると認識されず、テキストエディターを起動するとFixedSysに戻ってしまう現象が発生。幸い(不幸)にもGSoD(GreenScreen of Death)に出くわすことはなかったもの、多発する問題の原因を見極めながら騙し騙し使っていこう、と思った矢先にOSビルド15007がやってきた。

○さらに改善したMicrosoft Edge

今回は以前から用意していた新機能や改善を、次々と実装したOSビルドのように見える。まず、Microsoft EdgeはPC固有の改善を4つ、モバイル固有の改善を1つ、そして共通の改善を1つと計6つの改善が加わったので順番に見ていこう。前ビルドでは、開いているタブセッションを保存する「Tabs you’ve set aside」を実装しているが、そのセッションを共有する機能が新たに加わっている。メニューから「Share tabs」を選択すると、そのまま共有ウィンドウが現れ、UWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリケーション経由の共有が可能だ。

さらにデータのインポート機能が用意された。これまでのMicrosoft Edgeは"お気に入り"のインポート/エクスポート機能は備えていたものの、それ以外は独立したWebブラウザーとして、Internet Explorer(以下、IE)すら対象外だった。今回から設定メニューに加わった<Import your info>を使うことで、他のWebブラウザーで管理している"お気に入り"以外にWebサイトの閲覧履歴や保存済みパスワードなどをインポート/エクスポート可能にしているらしい。このように曖昧な表現になるのは、筆者の環境では、Microsoft Edgeの<設定>を開くと応答しなくなってしまうからだ。そのため、どのようなWebブラウザーが対象となるのか不明だ。

軽微なところでは、ダウンロード時のアクションとして、これまでの<フォルダーを開く>ボタンを<保存>に変更。さらにサブメニューとして<名前を付けて保存>が加わった。このあたりはIEと同じ操作感覚になるため、IEユーザーには好意的に受け入れられるのではないだろうか。

利用者がどれだけいるのか正直なところ分からないものの、Webノートの刷新も今回行われた。OSビルド14986で加わったWindows Inkのスライダーが確認できる。さらにOSビルド15002に改善したペン先を変更した際のアイコン変更も行われる。Microsoftの説明にはないものの、新たなWindows Ink SDKを用いているのだろう。

モバイル用Microsoft Edgeはテキストの拡大表示が容易になっている。「設定」の<簡単操作/その他のオプション>にある「視覚オプション」で<テキストの拡大縮小>からテキストサイズを大きくしても、Microsoft Edgeが自動的にテキストサイズを拡大することはなくなった。Microsoft Edge自体は500%まで自由に拡大できるため、閲覧状況に応じて調整するといいだろう。

そして以前から用意されていたものの、アプリケーション自体が空っぽだったため、どのようなシチュエーションで使うのか不明確だった「Webサイト用のアプリ」が利用可能になった。これはURIやJSONファイルを用意することで、Webページからアプリケーションへのリンクをサポートする機能。例えば任意のリンクを設けている場合、利用者がリンクをクリックするとWebブラウザーではなく、指定したアプリケーションを開く仕組みである。本ビルドでは「フィードバックHub」のみ登録されているが、このあたりはベンダーや開発者のアイディア次第で利便性が高まるだろう。

●これまでの不満を解消したシステム系の機能の改善
○これまでの不満を解消したシステム系の機能の改善

Windows 10のデスクトップテーマサポートは前OSビルドからサポートされているが、現時点ではダイレクトリンクでアクセスするのが簡単だ。例えば2016年末の時点では「Beauty of Britain 2 by Sean Byrne」「Surreal Territory of Chuck Anderson」「Cats Anytime」「Alaskan Landscapes by Kyle Waters」「Australian Landscape by Ian Johnson」「Dogs in Winter」「German Landscapes by Mathis Rheberg」を確認しているが、Microsoftはリンク※執筆時点では404 Not Foundを用意し、近いうちに「ストア」経由のダウンロードが簡単になるという。

Microsoftの説明によれば、複数のPCを併用している場合はCortanaが作業の切り替えを容易にしてくれるという。PCを切り替えた時点でアクションセンターにクイックリンクが現れ、最近使用したWebサイトやクラウドベースのドキュメントを編集可能になるそうだ。残念ながら本稿を執筆している時点でOSビルド15007を適用できたのは、2-in-1 PCのみ1台。デスクトップPCは「更新プログラムをダウンロードしています 100%」に張り付いたままだ。Cortanaの設定ページに関しても更新は見られなかったため、本機能については今後機会を見てご紹介する。

UWPアプリケーションのダウンロード進捗状況は以前の「ストア」でも表示されていたが、Microsoftはフィードバックに基づいて、トースト通知にもダウンロードの進捗状況を利用者に示すことができると説明する。今回いくつかのUWPアプリケーションをダウンロードしてみたが、あくまでも開発者がデータバインディングを通じて設定しなければならず、未対応のパッケージでは表示されないようだ。

UWPアプリケーションについては、UI面でも変化が加わった。マウスに対するXAMLスクロールバーを更新し、マウスオーバー時はスクロールバーが現れ、マウスカーソルを移動させると極端に細くなる。そして数秒後には以前の状態と同じくスクロールバーが消える仕組みだ。これらの仕様変更により、UWPアプリケーションは狭いデスクトップ環境でも描画領域を有効活用できる。なお、本仕様についてMicrosoftは、Windows 10 Creators Update SDKを使用するすべてのアプリケーションで確認できると説明し、UWPアプリケーション開発者にはSDKリリース後の更新を期待したい。

Windows Helloの顔認証精度も改善された。カメラに映し出された顔を追跡するビジュアルガイダンスや進捗インジケーターが加わり、以前よりもスムーズに顔認証の登録が可能になった。実際に試してみると顔を枠線で囲み、カメラに他の人物(の顔)が入ると、「複数の顔が認識されました」とエラーメッセージが現れる。認識精度を高めるために何度か繰り返してみたが、Windows 10 バージョン1607時よりも素早く操作を終えることができた。

一部のユーザーには根強い人気を持つ「Snipping Tool」はキーボードの操作が変化している。[Alt]+[N]キーでタイプを選択して[Enter]キーを押すと画面キャプチャーが開始し、矢印キーとスペースキーで領域を変更。後は[Enter]もしくはスペースキーで画面キャプチャーを終了する。これは前ビルドで加わった[Win]+[Shift]+[S]キーによる画面キャプチャーが影響しているのだろう。なお、同ショートカットキーはSnipping Toolも対応し、自身のウィンドウにペーストされる。

システム内部的には、新たなBluetooth APIが用意された。MicrosoftはGATT(Generic Attribute Profile)サーバーやBluetooth LE(Low Energy)デバイスとの接続を可能にするため、APIの刷新を行ったという。近日中にリリースされるSDK(ビルド15003以降)を用いることで開発者は新APIが利用可能だ。なお、新たな絵文字として「レインボーフラッグ」が加わっている。ちなみにモバイル版であるWindows 10 Mobile Insider Previewにも各種変更が加わっているが、詳しくは公式サイトをご覧頂きたい。

●OSビルド15007の改善点・既知の問題
○OSビルド15007の改善点・既知の問題

ここからはPC版の修正内容と確認済みの問題を紹介する。まずは修正箇所から。

Microsoft Edgeのタブをドラッグ&ドロップして別ウィンドウに分離させると、GSoDが発生する問題を修正した。
「設定」の<システム/バッテリー>を開くとアプリケーションがハングアップする問題を修正した。
タスクバーのコンテキストメニューに仮想タッチパッドを有効する項目が現れない問題を修正した。
タッチキーボードがタスクバーに現れない問題を修正した。
サインイン時やロック画面を解除する際、Windows Helloが「カメラを起動できませんでした」とエラーになる問題を修正した。
実際に資格情報が有効であっても無効な資格情報として扱われ、リモートデスクトップ接続に失敗する問題を修正した。
アクションセンターのクイックアクションパネルが正しく表示されない問題を修正した。
Bluetoothのオン/オフを切り替えた際、Surfaceペンのトップボタンをクリックしても動作しない問題を修正した。
「設定」の<ネットワークとインターネット/データ使用状況>が正しく表示されない問題を修正した。
仮想タッチパッドのサイズをわずかに大きくした。
「Netflix」で動画コンテンツが再生されず、黒い画面が表示される問題を修正した。

次はPC版で確認されている問題を紹介する。

Windows Spectrum(Spectrum.exe)サービスを起因とする例外エラーが発生し、オーディオ出力の消失と異常なまでのディスクI/Oの使用率向上が発生することで、Microsoft Edgeなどのアプリケーションが特定条件下で応答しなくなる可能性がある。この問題が発生した場合は「C:\ProgramData\Microsoft\Spectrum\PersistedSpatialAnchors」フォルダーを削除し、PCを再起動する。
OSビルド15002以降のインストール中にGSoDが発生し、以前のOSビルドにロールバックしてしまう。Microsoftはこの状況を調査中と説明している。
デスクトップアプリ(ゲーム)起動時に特定の要素が含まれると、ウィンドウが最小化して元に戻すことができなくなる。
「%」文字を含むショートカットファイルが原因でエクスプローラーがハングアップする。この問題を回避するには、「タスクマネージャー」などを使ってPowerShellを起動し、ショートカットファイル名から「%」を取り除く。
マルチディスプレイ環境で他のディスプレイを「拡張」にすると、エクスプローラーのクラッシュが繰り返される。その場合はPCを再起動する。
「設定」の予期しない場所に「Holographic」が項目として表示される。
「設定」の<システム/ディスプレイ>で行った輝度設定が、「設定」終了時に破棄される。その場合はアクションセンターや「電源」、特定のキーから設定する。
「設定」の<デバイス/Wheel>から設定できるSurface Dial向けアプリケーションの追加リストが空になってしまう。その場合は画面下部の<アプリの参照>ボタンから選択する。
タスクバーに並ぶアイコン(ボタン)のプレビューが高DPI環境では小さくなってしまう。
海外では有名なアプリケーション「Quicken」が.NET Framework 4.6.1がインストールされていないことを示すエラーが発生する。問題を回避するには、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\NET Framework Setup\NDP\v4\Clientキー、およびHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\NET Framework Setup\NDP\v4\Fullキーの文字列値「version」のデータを「4.7.XXXXX」から「4.6.XXXXX」に変更する。
コマンドプロンプト上で[Ctrl]+[C]キーによるコピー機能が動作しない。
Microsoft Edge利用時に、一部のWebサイトが正しく表示されない。その場合はInPrivateブラウズで回避できる。
<すべてのアプリ>からスタートメニューのタイルグリッドにピン留めできない。その場合はコンテキストメニューからピン留めを実行する。
Miracastが接続に失敗する。
特定のPCで、「Netflix」がクラッシュする。
DPI設定が150%以上の場合、サードパーティ製UWPアプリケーションがクラッシュする。
Windows 8.1からWindows 10 Insider Preview ビルド15002にアップグレードすると、すべてのUWPアプリケーションが失われる。その場合は「Windowsストア」から再ダウンロードする。
「ナレーター」とMicrosoft Edgeの組み合わせで使用すると、正しく読み上げられないことがある。その場合は[Alt]+[Tab]キーでフォーカスを切り替える。
アプリケーションインストール直後は、Cortanaでアプリケーションを用いたコンテンツ再生が正しく動作しない。インデックス作成を終えるまで5分程度待つ。
「設定」の<更新とセキュリティ/Windows Update>で「一部の設定は組織によって管理されています」というメッセージが表示されるが、フライト構成設定に引き起こされたバグなので気にしないでほしい。

続いてモバイル版の修正内容と確認済みの問題を紹介する。まずは修正箇所から。

アラームサウンドをわずかに高い音量レベルに変更した。
Lumia 950など特定のデバイスをPCに接続すると、予期せぬほど時間が掛かってしまう問題を修正した。
BluetoothやUSBなどシステム関連のトースト通知が機能しない問題を修正した。
Bluetoothヘッドセットなどを使用し、SMSをCortanaで受け取る際の信頼性を向上させた。本機能を有効にするにはCortanaの設定を開き、「受信テキストメッセージの読み上げ」で、「Bluetoothおよび有線ヘッドセット」「Bluetoothのみ」のいずれかをオンにする。
ポートレートモードで録画した動画が正しいアスペクト比で再生されない問題を修正した。
メッセージ受信時に「Skypeプレビュー」のタイルがバッチで更新されないように変更した。
スタート画面にピン留めした特定のWebサイトをタップした際、そのページを開かずにWeb検索を実行する問題を修正した。
特定の言語でSIM PINダイアログの文字列が切り詰められる問題を修正した。
デバイス再起動時にBluetoothが有効な場合、終了画面で電話が着信しない問題を修正した。
「Outlookカレンダー」のライブタイルに誤った日付けが表示される問題を修正した。
ウェアラブルデバイス用など通知を行うアプリケーションが、最近のビルドでトースト通知にアクセスできなかった問題を修正した。

最後にモバイル版で確認されている問題を紹介する。

ロック画面にWindows Helloの挨拶が表示されない。
AAD(Azure Active Directory)IDの設定同期が原因で、Microsoft Edgeのお気に入りやリーディングリストが正しく表示されない。Microsoft Edgeを起動してから30秒ほど待ってから開くとコンテンツが現れる。
AAD(Azure Active Directory)IDの設定同期が原因で、PC-モバイル間でMicrosoft Edgeのリーディングリストが同期されない。問題を回避するにはデバイスを再起動する。
AAD(Azure Active Directory)IDの設定同期が原因で、Microsoft Edgeの「保存されたパスワード」にパスワードが表示されない。
新しいメールを受信した旨を示す通知をタップしても、「Outlookメール」やメッセージを開くことができない。
更新を一時停止する新たな設定項目と共に、PC専用の「Windows Defender」に関する文章が含まれている。
Lumia 635や636などの特定のデバイスを使っている場合、自動調整機能は動作しているものの、手動で輝度を変更できない。Microsoftは調査中と説明している。
「Ninja Cat」の絵文字が2つの文字でキーボードに表示されてしまう。
現在の「Microsoft Wallet」では、新たなクレジットカードの追加や支払いができない。

Microsoftの説明によれば、同社はインサイダーにはお馴染みの「Bag Bash」を2月3日〜12日の開催を予定している。開発陣とインサイダーがBug Bashを一緒に行えるように、Web配信なども予定しているそうだ。

阿久津良和(Cactus)