任天堂は1月13日、東京ビッグサイトにて「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」を開催し、同社の新型ゲーム機『Nintendo Switch』の発売時期や価格、商品構成などを発表した。発売日は2017年3月3日、価格は29,980円(税別)。

プレゼンテーションには、まず任天堂の代表取締役社長・君島達己氏が登壇し、発売時期や価格などを発表。また、同機はスマートデバイスと連携することでボイスチャットを利用することが可能になるという。このサービスは当面無料だが、今秋より有料になる予定。さらに、『Nintendo Switch』は、ゲームソフトの起動に販売地域によるリージョンロックを原則かけないことも明らかにされた。

『Nintendo Switch』の構成は、『Nintendo Switch』の本体、専用コントローラーのJoy-Con(L)/(R)、Joy-Conストラップ×2、Joy-Conグリップ、Nintendo Switchドック、HDMIケーブル、専用ACアダプター。また、グレーのJoy-Conが入ったモデルと、ネオンブルーとネオンレッドのJoy-Conが入ったモデルを用意する(価格は共に29,980円)。オプションとしては、Nintendo Switch Proコントローラーをはじめ、付属のUSBケーブルでゲームプレイ中に充電が可能なJoy-Con充電グリップ、Joy-Conハンドル2個セット、キャリングケースなどが発売予定だ。

『Nintendo Switch』総合プロデューサー・小泉歓晃氏からは、Joy-Conの機能が紹介された。このJoy-ConにはWiiリモコンやWii Uのような加速度センサーやジャイロセンサーを搭載するほか、新たなモーションIRカメラを備え、モノの形や動き、距離を読み取ることで、ジャンケンなどの新たな入力方法も可能に。さらに、新たな「HD振動」によって、例えばグラスの中の氷を入れるたびに氷の数や振動をリアルに感じられるような体験もできるようになるという。

本体と同時発売となるローンチタイトルとしては、画面を表示せずユーザー同士向かい合って対戦する『1-2-Switch』(4,980円/税別)が発表された。ゲーム内容は、銃の早撃ち対決や真剣白羽取り、金庫破り、ピンポン、金庫破りなど複数のゲームが収められたパーティゲーム。また、Joy-Conを持って殴るモーションをすると伸びるパンチを繰り出す新たな対戦ゲーム『ARMS(アームズ)』(価格未定・2017年春発売予定)は『Nintendo Switch』ならではの遊び方が楽しめるようだ。

さらに専用ソフトとして、新たなギアや武器が追加された『スプラトゥーン2』(2017年夏発売)をはじめ、帽子アクションが新しい『スーパーマリオ オデッセイ』(2017年冬発売)、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』など注目タイトルのムービーが公開。特に『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が2017年3月3日のローンチタイトルとして発表されると、会場からひと際大きな拍手が起こった。

そのほか、『ゼノブレイド2』、『ファイアーエムブレム無双』、『真 女神転生シリーズ最新作(仮)』『FIFA』『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』『The Elder Scrolls V Skyrim』など新作タイトルも紹介された。

プレゼンテーション最後には、君島氏が「いよいよ3月3日に『Nintendo Switch』は発売します。日本での予約受付は1月21日から順次、お店で開始されますので、皆様のご支援とご愛顧のほどよろしくお願いします」と挨拶しイベントは終了した。

なお、1月14日・15日には、東京ビッグサイトにて、一般参加が可能な「Nintendo Switch 体験会 2017」が開催される(入場無料)。発売前に『Nintendo Switch』に触れられる貴重なイベントとなるので、興味のある方はぜひ足を運んでほしい。