気付かないうちにおしりにブツブツができていたこと、ありませんか?手触りもザラザラして…正直ちょっと汚い。発見したときは結構ショックなものです。水着を着た時、温泉に言った時…それが誰かに見られていたりしたらと考えるとぞっとしますね。彼に触られた時に「ザラザラしていた」なんていうのも避けたいところ。ここでは、おしりにできるブツブツの原因を知って、正しく対処する方法をご紹介します。ブツブツなおしりとサヨナラして、すべすべな可愛い桃ヒップを手に入れましょう。

■ おしりにブツブツができてしまう原因とは?

おしりはぶつぶつが出来てしまいがちな部位。その原因は以下のようなものだと言われています。

・ニキビやニキビの痕
あせも
・かぶれの痕

ぶつぶつの原因となる、これらの肌トラブルはどうして起こってしまうのでしょうか。

◎ 流し残した石鹸類の刺激

シャンプーやボディーソープなどの石鹸類をお湯ですすぐときに、気づかないうちに石鹸類がおしりに付着したままになってしまうことがあります。おしりは歩いたり座ったりすることで衣服と擦れやすい部位。石鹸の流し残しはお肌にとってよくない刺激です。かぶれやニキビを起こし、ぶつぶつの原因となってしまうことがあります。

◎ 垢や皮脂がでやすい

おしりの皮膚には、座ったり歩いたりすることで常に大きな刺激が加わっています。刺激によって垢や皮脂の分泌が促進され、おしりのぶつぶつやニキビの原因となるアクネ菌が増殖しやすい環境になります。ニキビが出来てしまったら、治ったあとも痕となってお肌に残り、おしりがぶつぶつな見た目になってしまいます。

■ おしりのぶつぶつを解消する対処法

◎ 洗った後はしっかりと洗い流す

シャワーの際には、座ったままではなく立ち上がって最後のすすぎをしましょう。石鹸は、香料などを含まない低刺激のものを使用しましょう。

◎ 風通しを良くする

ムレた状態はおしりに余計な負担を与えます。ピタッとしたジーンズなどは通気性が悪く、あせもやニキビを誘発しがちです。なるべく風通しの良い衣服を選ぶようにしましょう。

◎ 余分な皮脂の分泌を抑える

余分な皮脂はぶつぶつの原因となります。脂っこい食事は避けて野菜や果物を多めにとり、過剰な皮脂の分泌を避けるようにしましょう。これらの対策をとって、おしりにとって良い環境を保つように心がけます。ぶつぶつが消えたら、これらのルールを引き続き守って再発しないよう予防策をとることが大切です。

■ 毎日のケアですべすべヒップを作る方法

おしりのぶつぶつが解消できたら、すべすべヒップを目指しましょう。おしりはとても乾燥しやすい部位なので、おしりのケアは保湿が重要となってきます。以下の方法でケアを行いましょう。

◎ おしりにクリームを塗る

毎晩のお風呂あがりに、低刺激の保湿クリームを両手にすりこんで、優しく揉むようにおしりにぬってケアしてください。おしりのケア専用のクリームなども発売されているので、活用してみてもよいでしょう。

◎ 強い刺激は厳禁

クリームをゴシゴシと擦りこんだり、刺激の強いタオルで洗ったりすることは厳禁です。毛穴を余計に刺激してしまうことで、かぶれなどお肌のトラブルを巻き起こしてしまいます。おしりのケアをするときは、優しいタッチを心がけてください。

■ 大切なおしりに優しいケアを

おしりのお肌は、放っておくとぶつぶつが出来てしまいがちな部位です。こまめなケアを心がけて、すべすべなヒップを目指していきましょう。

(image by PIXTA)
(著&編集:LiRu編集部)