バージスラインという言葉をご存知ですか?もともとは下着業界で使われていた専門用語ですが、最近キレイなバストを目指す女性の間でよく使われる言葉なのです。ここでは、バージスラインとは何か、意識することでどのようなメリットがあるのか、美バスト作りのヒントをご紹介します。

■ 美バストはバージスラインがくっきり!

バージスラインとは、ブラジャーのワイヤーがちょうど当たるお腹とバストの境界線、バストの下の丸い曲線部分をいいます。バストの輪郭ともいわれるこのバージスラインが、くっきりと見えていることが美しい胸かどうかの基準となります。

◎あなたのバージスラインは狭い?広い?

バージスラインの両端の支点を直線で結んだ時の長さが短いとバージスラインが狭い、長いとバージスラインが広いと表現されます。バージスラインが狭いと、バストが真ん中に寄せられてキュッと盛り上がって見えるため、一般的にはバージスラインが狭い方が美バストとされています。

■ バージスラインを知ることで得られるメリット

◎1.自分にぴったりのブラを選ぶことができる

ブラジャーがフィットしていないと、動いた時にずれたり、窮屈に感じたりして不快になりますよね?着心地の良いブラジャーを選ぶには、自分のバージスラインを知ることがカギになります。バージスラインが広めの方は、ワイヤー幅が広いものや生地が薄い・やわらかいものを選びましょう。狭い方は、ワイヤー幅が狭いものや、フルカップなどの深めのカップのブラジャーで胸を安定させるものを選ぶといいでしょう。

◎2.体のラインをキレイに保てる

バージスラインが合わないブラをつけていると胸のお肉が脇腹に流れてしまったり、垂れてしまうためバストラインを崩す原因になります。また、姿勢が悪くなったり、体を無理に締め付けてしまうため、胸だけでなく体全体のラインも崩れてしまう原因に。バージスラインを意識して適正サイズのブラを身に着けることで、姿勢を正して美しいボディラインに整えることができます。

■ きれいなバージスラインを作る方法

バージスラインが崩れる原因は主に胸の筋力の低下、バストのハリの減少が考えられます。バストが垂れると、腹部と胸が一体化して見えるいわゆるお子さま体形に…。でも原因がわかっているならその対策もできるはず!さっそく今日から始めましょう。

◎合唱ポーズで大胸筋を鍛えよう

合唱ポーズとは読んで字のとおり、両手のひらを合わせて行う大胸筋エクササイズのこと。とても簡単なので手が空いた時にサッと行ってみてくださいね。

・1.胸の中心部より少し低い位置で合唱します
・2.息を吐きながら、両手のひらを5秒間押し合います
・3.息を吸いながら両手の力を抜きます
・4.3〜4を10回繰り返します

◎正しい下着のつけ方を覚えよう

合わないサイズのブラジャーをつけたり、間違ったつけ方をするとバストのサイズダウンや下垂の原因になってしまいます。定期的にサイズを測りなおしてぴったりフィットする下着を選びましょう。下着をつけるときは次の手順で行ってくださいね。

・1.お辞儀の姿勢で、バストを下に向けてからブラジャーをつける
・2.ホックを留めたら、反対の手で下から胸を持ち上げてカップに収める
・3.手を後ろに回して背中と脇のお肉を胸の方へ寄せる
・4.1日に数回、ブラジャーにきちんと収まっているか確認しましょう

■ 毎日の小さな習慣が美バストを作る!

大胸筋のトレーニングも、正しい下着のつけ方もちょっとした時間でできる簡単なものです。スキマ時間を上手に利用して毎日行いたいですね。また、鏡で自分のバージスラインをチェックすることも、美胸を意識するために大切なことです。毎日の習慣にして、美しいバストを目指しましょう。

(image by PIXTA)
(著&編集:LiRu編集部)