体の引き締めに効果的なヨガをダイエットに取り入れている方も多いですよね。さらにダイエットを効果的にする、ヨガを行う時間帯はあるのでしょうか?今回は「朝」と「夜」の時間帯で行うヨガダイエットの違いをお教えします!

■ 朝のヨガは代謝を高めて、痩せやすい体へ!

ついつい寝過ごしてしまいがちな朝の時間帯。余裕をもって行う「朝ヨガ」は、気持ちいい1日の始まりを迎えられます。

◎ 朝ヨガの効果

寝ている体勢を維持していたため、朝は代謝が下がっている時間帯。ヨガを行うことで代謝が上がるので、朝から痩せやすい体質に変えることが期待できます。また朝はリラックスモードの副交感神経から、活動的な交感神経に変わる時間帯。ヨガによって自律神経を整えれば、スッキリとした目覚めが期待できます。

◎ 朝ヨガにおススメな時間帯&所要時間

朝に行うヨガは、朝日が出ている時間帯がおススメ。大体、午前6時〜10時を目安に行いましょう。朝日を浴びると、幸福ホルモンと呼ばれている精神面の安定を促す"セロトニン"が脳内から分泌されます。セロトニンには、サーカディアンリズム(概日リズム)といわれる体内時計を整え、毎日の体調を整える作用があります。朝日をよく浴びられる時間帯にヨガを行うことで、日中の活動モードにスムーズに移行でき、夜は自然な睡眠を誘うように自律神経が整えられ、代謝の良い体の基礎をつくることが可能です。また、セロトニンには満腹中枢に作用して、食べ過ぎを抑える作用があります。朝のヨガでセロトニンの分泌を促すと、ダイエットにも効果的というわけです。朝のヨガは寝ている間に硬くなった体の筋肉をほぐし、血行を促進させることで代謝を上げることが可能です。体をほぐすには、部位ごとに30秒以上ポーズを維持させたいところ。全ての部位をほぐすのであれば10分〜15分の時間でも十分に効果的です。

◎ 朝ヨガの注意点

ヨガのポーズは内臓を刺激するものもあるため、必ず朝食前に行いましょう。同様に朝のトイレも済ませてからヨガを行うのがおススメです。またヨガに冷えはNG!ふくらはぎやお腹を冷やさない服装を心掛けてください。

■ 夜のヨガはリラックス効果を高めて、ぐっすり眠れる体へ!

自分の時間を多く取りやすいのが夜の時間帯。夜寝る前に行う「夜ヨガ」は体が休まり、質の良い睡眠を手に入れられます。

◎夜ヨガの効果

日中の活動で凝り固まってしまった筋肉をほぐし、血流を良くすることで体をリラックスさせてくれます。また体を適度に動かすことで、寝つきが良くなり、ぐっすりと眠ることができます。夜は体や脳を休ませる副交感神経が優位に働く時間帯です。1日の疲れを夜に癒してあげることで、次の日もスッキリと目覚めることができます。

◎夜ヨガにおススメな時間帯&所要時間

夜に行うヨガは、緊張状態の交感神経からリラックスした副交感神経に変わる時間帯になる18時〜21時の間に行うのが効果的です。多忙でストレスを抱えがちな現代人は、交感神経が優位になりっぱなしで、夜になっても緊張感がとれないことが多いといわれています。本来なら、休息の時間帯となる夜に交感神経が働いたままになっていると、疲れが蓄積され、代謝力が落ちてダイエットに不向きな体質になってしまいます。副交感神経に切り替わるべき時間帯にヨガを行うことで、スムーズに体を休息させる状態に移行させることが期待できるのです。体がリラックスした状態になり、良質な睡眠につながります。良質な睡眠は基礎代謝を上げ、自律神経のバランスを整えるので、痩せやすい体作りに繋がります。

人間は日中に受けたストレスをそのままにすると筋肉も硬くなり、体も心も興奮状態のままになってしまいます。その状態で眠りにつくことで、寝つきが悪くなったり睡眠が浅くなることで基礎代謝は下がり、自律神経は乱れて満腹中枢が正しく働かず、いくら食べても物足りない…といった太りやすい状態を引き起こす原因になりかねません。ゆっくりとした呼吸法で自律神経を整え、血行を促進して筋肉をほぐす作用のあるヨガを行うのがおすすめです。副交感神経への移動がスムーズに行われて、リラックスした状態で眠りにつくことができます。睡眠直前のヨガは、20〜30分程度の軽めのものでも大丈夫です。体に負担をかけ過ぎないにしましょう。

◎ 夜ヨガの注意点

食事後すぐのヨガは内臓に負担をかけるため、食事前に行なうか食事後は時間を空けましょう。またヨガの後にすぐ食事をするのも、通常より栄養の吸収が増すためNGです。ヨガを行ったら1時間半程の休憩を置いて食事を行いましょう。

■ ダイエットは長く続けられることが大切!

それぞれに利点のある「朝ヨガ」と「夜ヨガ」。ダイエットは長く続けられることが大切。自分のライフスタイルに合った時間帯が一番です。

朝ヨガで
・朝に代謝を上げることで、日中のエネルギー消費を高める
・朝日を浴びながら行うことで、セロトニンが分泌されてやる気がアップ

夜ヨガで
・質のいい睡眠を手に入れて基礎代謝アップ
・自律神経のバランスを整えて満腹中枢をコントロール

可能な時間帯でヨガを取り入れてみてください。

■ ヨガで心も体も健康的に

ヨガはインドが発祥で、心身の修行が始まりとされています。そのためダイエット効果だけではなく、心の乱れまでも改善してくれます。深い呼吸法で体をリラックスして行うヨガは、とっても健康的な方法で行えるダイエット。「病は気から」ということわざの通り、心の健康は体全体に繋がる重要な部分です。健康的に痩せられるヨガで、引き締まった体とポジティブな心を鍛えましょう!

(image by amanaimages)
(著:LiRu編集部 編集:nanapi編集部)