今の時代、携帯電話は1人1台といわれるぐらい普及しています。子どもに持たせるべきかどうか、という悩みは、どの親も直面する問題です。最近はスマートフォンが主流ですよね。子どもに本当にスマホを持たせるのがいいことなのか、悩んでいませんか?そこで知ってほしいのが、「スマホ18の約束」。2012年、クリスマスにアメリカのボストン近くに住む、13歳の少年にスマートフォンを渡す際、母親が考えたものです。子どもにスマホを持たせる前に、親がしっかりと心得ておきましょう。

■ スマホ18の約束

・1. この携帯は私が買い与えて、料金も支払っています。あなたに貸し付けているけれど、私のスマートフォンです。
・2. パスワードは親が管理します、自分で作ったパスワードは必ず報告すること。
・3. これは電話です。電話があったら出て、礼儀正しく挨拶をすること。父や母から電話があったら、必ず出ること。
・4. 学校がある日は夜7時半、週末は夜9時になったら、親に引き渡すこと。夜は電源を切って、朝7時半になったら電源を入れて渡します。固定電話を使うべきではない時間帯に携帯電話やメールで話さず、お互いの家族のプライバシーを尊重すること。親が出る固定電話に電話出来ない相手なら、電話もSMSのしてはいけません。
・5. 学校に持っていくことはできません。直接話すことは人生のスキルです。きちんと対話をすること。
・6. もしスマートフォンが故障した、紛失したといトラブルに対する費用は、あなたが持ちます。もしもそのようなことが起こったときを考えて、費用もしっかり準備しておくこと。
・7. 他の人に嘘をつく、バカにする、あざむく、ということにスマートフォンを使わないこと。もし誘われても人を傷つける会話には参加しないこと。人のためになることを第一に考えなさい。
・8. 面と向かって言えないことをメールやSMSを使って言わないこと。
・9. 相手の親がいる前で言えないことを、友達にメールやSMSで言わないこと。
・10. ポルノは禁止とし、親とシェアできるような情報だけをウェブで検索すること。何か質問やそれ以外の必要性を感じたら、お父さんやお母さんに聞くこと。
・11. 公共の場では必ずマナーを守ること。レストランや映画館、誰かと話をしているときは特に、サイレントモードにしてください。あなたは失礼なことをしない子のはずです。
・12. 自分や他人の隠しておくべきプライベート写真は、送ったり受け取らないこと。これからのあなたの人生を台無しにする恐れがあります。膨大な力を持っているサイバー空間なので、一度外に悪い評判が出れば、それを消すことはできません。
・13. 写真やビデオを撮ることに対して、夢中にならないように気を付けてください。すべてを撮りためる必要はなく、人生経験は肌身で体験する必要があるものです。あなたの記憶にすべて収録すること。
・14. 携帯を家において、たまには外へ出かけること。携帯がなくても生きていける自分になりましょう。みんながしていることを逃すかも?という恐れより強くなること。流行に流されない自分になること。
・15. あなたの世代は、音楽にもっともアクセスできる世代です。特別な時代を活用して、新しい音楽やクラシック音楽、みんなが聴いている曲以外の音楽もダウンロードして聞いてみて。あなたの視野を広げてください。
・16. スマートフォンを使って、ワードゲームやパズル、知能ゲームでも遊ぶこと。
・17. 世界を自分の目を通して見ること。上を向いて歩いて、あなたの周りの世界をよく見て。鳥の鳴き声をきいて、窓から外をのぞいてみてね。知らない人との会話も大切です。Googleで検索する前に考えること。
・18. ミスを犯したら、スマートフォンは取り上げます。そして最初から考えましょう。あなただけの問題ではなく、家族の共同プロジェクトです。家族で一緒に話し合って、いちからスタートです。一緒に答えを出しましょう。

スマホの18の約束を日本語でご紹介しました。子どもにスマートフォンを持たせるときの思いや覚悟が伝わってきますね。まったく同じである必要はないので、子どもにスマホを持たせる前に、子どもと約束を考えてみてはどうでしょうか。

■ 母親からの愛を届けるための約束

スマホ18の約束は、母親から子どもに強制している約束ではありません。スマホ18の約束の前後には、他にも文章がつづられています。その中から大事なポイントをピックアップしてご紹介します。

・責任感があってお利口な13歳のあなただから、このプレゼントはふさわしい
・あなたを健康で豊かに、現代のテクノロジーを活用できる大人に育てる、私の親としての仕事もわかってほしい
・あなたが大好きで、あなたとメッセージ交換をするのが楽しみです
・このリストにある条件は、人生をうまく生きるための条件にも当てはまるもの
・どんな機械よりも、自分の考え方と心を信じてね

母親から子どもへ…愛があるからこその言葉だということが、子どもにも伝わることでしょう。子どものことを本気で考えているのだとよくわかります。母親から何かを強制される、約束を守らされるのを嫌う子どもは多いです。でも、これは無理やりかわす約束ではなく、母親からの愛があってこそ、そして子どもを思っているからこその約束なのだ…と子どもにもしっかりと伝えてくださいね。

■ 「スマホ18の約束」から学べること

「スマホ18の約束」を読んでわかるのは、子どものスマホの使い方について考えることが、子どもがどう育ってほしいか、自分と子どもがどのように接していくべきか、ということに繋がっているということです。日々の忙しい生活の中で、子どもとの接し方も少し雑になってしまいがちですが、自分なりの「スマホ18の約束」を考えること機に、子どもについて改めて考えてみてはいかがでしょうか。また、子どもと約束したからには、自分のスマホの使い方も今まで通りにはいかなくなるはず。スマホに頼ってばかりの生活をしている人は、自分の生活を省みるいいチャンスになりますよ。

(image by 写真AC)
(著&編集:nanapi編集部)