ヒトラーがドイツを支配していた時代に埋められたタイムカプセルを掘り出す作業が、先ごろポーランドで行われた。

 そのタイムカプセルは円筒形をした銅製のもので、1934年、ナチスが第三帝国の未来の指導者を育てるために建設していた訓練施設の基礎部分に、公式の式典を開いた際に納められていた。

 第二次大戦後、ヨーロッパでは一部の国で国境が変更された。これに伴い、カプセルが埋められたファルケンブルクはポーランド北西部に位置する町となり、名称もズウォチェニエツと改められた。その訓練施設は戦火を免れ、現在はポーランド軍に使用されている。

 カプセルは建物の基礎部分に埋められていたため、長い間手つかずのまま残されてきたが、9月6日、考古学者らが分厚いコンクリートを6メートル余りも掘り下げ、地下水の中を歩き、ナチスが残した地雷を避けながら、ついにこれを掘り出すことに成功した。カプセルが開封されたのはその1週間後のことだ。

期待と現実

 開封の結果は、人々の期待に沿うものではなかった。地元の歴史家たちの間では、カプセルが埋められる前年の1933年に行われた町創立600年の祝賀の様子を記録した映像資料が収められていると考えられてきた。しかしカプセルの中にそうしたフィルムはなく、代わりに入っていたのは硬貨、新聞、ヒトラーや高官たちの写真、訓練施設の権威を証明する羊皮紙の巻物、ヒトラーの著作『我が闘争』2冊などであった。

 タイムカプセルの開封は、とかく期待はずれに終わるものだ。新聞、本、公式文書などは過去を知る手がかりにはなるが、図書館や公文書館でも見ることができるものだ。硬貨やメダルのなかには歴史的な価値をもつものもあるとはいえ、それらが重大な発見をもたらしてくれることはほとんどない。

 タイムカプセルは、長い時を超えて別の世代同士が直接やり取りするための強力な手段と成りえる。しかし現実には、それを用意する側は、開封する側の気持ちをよく考えずに作ってしまいがちだ。今回のタイムカプセルも、訓練施設の設立という特別な出来事を祝おうと作られたのかもしれないが、むしろ、その時代の日常や文化を垣間見ることができる物の方が興味深く感じられるものだ。

 米国の電機メーカー、ウェスティングハウス社が、1939年のニューヨーク万国博覧会に向けて、5000年間保存するタイムカプセルの準備を進めていたときには、あるアドバイザーがこう言って笑ったという。「ハワード・ヒューズ、大学のフットボール、ファッションショー、ドナルドダック、女性用の帽子、タバコ、布地、万年筆……。5000年後の世界で一体誰がこんなものに興味をもつというんだ」。しかし実際には、そうした一見平凡な話題や品々のほうが、委員の名を連ねた名簿や市長の宣言書などよりも人々の心を引きつけるし、まだ生まれていない人々に向けて書かれた率直な手書きのメッセージが、一番喜ばれるものなのだ。

異例のタイムカプセル

 中身を無事に保ったまま回収・開封されたという点においては、今回ポーランドで見つかったタイムカプセルは幸運だったといえる。埋められたまま見つからなくなるカプセルは少なくない。たとえば米国カリフォルニア州コロナではこれまでに、市が埋めたタイムカプセル17個の行方がわからなくなっている。

 自然の力に勝てなかったタイムカプセルもある。1930年、米国ニューヨークにあるエンパイアステートビルディングの礎石の中に、記念の品々を詰めた銅製の容器が納められた。しかし、それから50年の後、容器は記念式典のために回収されたものの、長い年月の間に内部に水が染み込み、中にあったものはすっかり劣化していた。

 ポーランドのタイムカプセルが異例だったのは、それを埋めた者と回収した者との間に、まったくつながりがなかったことだろう。タイムカプセルは離れた世代同士を結びつける役割をもつ。しかし今回の場合、銅製の容器を開けたポーランド人が、それを埋めたナチスに対して愛情をもっているとは言いがたい。容器の内容を公表するために最初に撮影された写真では、2冊の『我が闘争』は表紙を下にして置かれていた。ナチズムを奨励しているとみなされる行為は、ポーランドではすべて違法だからだ。

 円筒形の容器の中から出てきた品々は博物館に展示されるが、そこにはナチズムの責任を強く訴える説明が付けられることになる。ポーランド人の犠牲者はおよそ600万人にのぼり、そのうち半数がユダヤ人であった。

タイムカプセルか時限爆弾か

 ズウォチェニエツで掘り出された円筒形の容器は、今でこそタイムカプセルと呼ばれているが、これを用意した人々はそうした名称を使っていたわけではない。タイムカプセルという言葉は、ウェスティングハウス社の重役で広報を担当していたG・エドワード・ペンドレー氏が、1939年のニューヨーク万国博覧会において自社が用意した容器の呼称として考案したものだ。

 過去にはこの他にも、「safe(金庫)」「box(箱)」「casket(棺/宝石箱)」などの呼称が存在した。米国ジョージア州にあるオグルソープ大学には、8113年に開封が予定されているとりわけ規模の大きなタイムカプセルがあるが、これは「Crypt of Civilization(文明の地下聖堂)」と呼ばれている。

 実は、ペンドレー氏が最初に提案した名称は、「タイムカプセル」ではなかった。ウェスティングハウス社が用意した容器が魚雷のような流線形だったことから、彼はこれを「タイムボム」(時限爆弾)と呼ぶつもりだったということだ。