ミシシッピ川はそれ自体すばらしい大河だが、メキシコ湾へ到達するまでにこの川へ注ぎ込む支流を全て合わせてみると、途方もない大きさに圧倒されることだろう。その広大な流域は、西はロッキー山脈から東はアパラチア山脈まで、米国31州、カナダの2州にまたがり、米国本土の40%近く、およそ310万平方キロの面積を占めている。

 NASAの科学的視覚化スタジオは、ミシシッピ川の巨大な流域とそこを流れる全ての支流がよくわかるアニメーション地図を作製、驚きの全体像を明らかにした。この地図は、地球上の全地点における流水の方向をデータベース化した米国地質調査所(USGS)の資料に基づいている。NASAのホレス・ミッチェル氏はこのデータを使って、ミシシッピ川に合流してメキシコ湾へ注ぎ込むすべての水の流れを調べあげた。アニメーションは、ミシシッピ川の河口から最も遠い地点で始まり、ミシシッピ・デルタ地帯を目指す数百もの支流を網羅している。

「ミシシッピ川」本流の源流が最長ではないため、最も長い支流であるミズーリ川も含めると、ミシシッピ川は全長5900キロ以上に及ぶ。米国有数というだけでなく、世界と比較してもアマゾン川、ナイル川、長江に続いて4番目に長い川だ。以下の図は、世界の主な川や山を並べて描いたもので、それらの特徴が一目で比較できるようになっている。ミシシッピ川は、そこへ流れ込むミズーリ川とともに左から2番目に記されている。

 1829年に作製されたものだが、19世紀当時、このように様々なものを比較した絵が人気を集めていた。ミシシッピ川が世界第2位とされており、現在では正確な記録ではないが、世界の他の大河と比較できる点が興味深い。フランスで出版された地図帳の一部で、J・アンドリボ・グジョン作、「Tableau comparatif et figuré de la hauteur des principales montagnes et du cours des principaux fleuves du monde(世界の主な山の高さと主な川の長さ比較表および図)」と題されている。現在は、これと似たような表を集めたデビッド・ラムゼイ・コレクションに収められている。

 同コレクションには、米国で出版された比較一覧図も数点収蔵されている。以下の図もそのひとつで、1864年出版のジョンソン・アンド・ウォード地図帳の一部である。これを含む多くの同様の図が、ミシシッピ川とその水系の一部であるミズーリ川を合わせて川の長さを記載しているのは、やはり米国の川を世界最長として、図の中で最も目立つ左側に置かせようという工夫だろう。実際には、アマゾン川の方がミシシッピ川よりも500キロ以上長い。