人間の暴力性は、霊長類の祖先からずっと受け継がれてきたものだという研究成果が9月28日付けの科学誌「ネイチャー」に発表された。それを見て「ほら、本当は私たちもただの動物じゃないか」と考えることはたやすいが、そんなに簡単に言ってしまっては動物への理解が足りないようだ。

 この研究で科学者たちは、相手を死に至らしめる暴力的な行動事例について調査した。捕食者と被捕食者など、別種の動物を殺す行為ではなく、共食いや子供の殺害、争いなど、同じ種の中で起きたものが対象だ。

 科学者たちは、トガリネズミから霊長類まで、1000種以上の哺乳類の約400万件の死の記録から、このような恐ろしい行動の証拠を探し、人間の殺人の歴史もまとめてみた。

 すると、1つのパターンがはっきりと浮かび上がった。相手を死に至らしめる暴力は、哺乳類が進化するにつれて増加していた。同種間での争いで死んだ哺乳類は全体の0.3%しかいなかったにもかかわらず、霊長類ではこの数字が6倍の約2%となる。同様に初期人類も約2%で、これは旧石器時代の人骨に残されている暴力の痕跡の割合とも一致する。

 中世は殺人の時代だ。記録されている死のうち12%が人間同士の争いによるものだった。それに比べると前世紀はかなり平和で、互いに殺し合った率は世界全体で1.33%だった。現在、世界でもっとも暴力が少ない場所では、殺人率はわずか0.01%と非常に低い数値を人々は享受している。

「進化史は人間の状態を完全に拘束するものではありません。人間は変化しており、これからも驚くべき方法で変化し続けるでしょう」。論文の著者であり、スペインの乾燥地帯実験所に所属するホセ・マリア・ゴメス氏はそう話す。「祖先が暴力的だったにしろ、平和的であったにしろ、私たち人間は社会環境を変えることによって、個人間の暴力のレベルに影響を与えられます。つまり、私たちが願うなら、もっと平和な社会を作れるということです」

殺し合わない哺乳類が多数派

 この研究結果で驚くべきは、人類がどれほど暴力的なのかということよりも、人類と哺乳類の親戚たちを比較した点だ。

 野生環境で動物同士の殺し合いが起きる頻度を見積もるのは容易ではないが、ゴメス氏のチームは、同種の動物を殺す可能性が高い動物と低い動物についてのよいまとめを記している。ハイエナが他のハイエナに殺される確率は約8%だった。キイロマングースは10%。そして、丸い目がかわいらしいキツネザルは、種によってはなんと17%が同種からの暴力によって死んでいた。

 しかし、哺乳類の60%で同種間の殺し合いがみられなかったことも考慮すべきだろう。1200種以上いると言われるコウモリの中で、殺し合いをするのはほんの一部だけだ。センザンコウやヤマアラシも、種の中で殺し合いをせずに生活している。

 一般的にクジラやイルカも殺し合いをしないと考えられている。しかし、イルカを専門とする米マサチューセッツ大学ダートマス校の生物学者リチャード・コナー氏によると、最近イルカが子殺しを行おうとする様子が記録されたという。コナー氏は、イルカに近いクジラも、考えられているよりも暴力的であるかもしれないという。

「そうとは気づかずに、私たちはイルカ同士の殺し合いを目撃しているかもしれません。攻撃された側は一見無傷でそのまま泳ぎ去ってしまうのですが、内出血によってやがて死んでしまうのです」

霊長類における違いこそが重要

 それでも、動物の行動に詳しい米コロラド大学ボルダー校名誉教授のマーク・ベコフ氏によると、動物は実際よりも暴力的であると見なされがちだという。

「暴力は人類の系統に深く刻まれたものかもしれません。暴力的な人間を形容する際に、動物のようだと表現するのには十分に慎重になるべきだと私は思います」

 ベコフ氏は、人間以外の動物の大部分は圧倒的に平和的だと長いこと主張してきた。そして、人間の動物としての進化史に、暴力のルーツがあるのと同じように、利他や協調のルーツもあると指摘する。ベコフ氏は、人類学者の故ロバート・サスマン氏の文献を引用し、もっとも暴力的な哺乳類である霊長類でさえ、戦いや競争に費やす時間は1日の1%に満たないと述べている。

 いずれにせよ、別の動物に決闘を挑むのは危険であり、ほとんどの動物にとって、そのメリットは死のリスクを上回らない。この新しい研究では、社交性や縄張り意識が強い動物ほど殺し合う確率が高いことも明らかになった。この条件には多くの霊長類が該当するものの、すべてではない。ボノボはメスが支配する平和な社会構造を持つのに対し、チンパンジーはそれよりもはるかに暴力的だ。

「霊長類におけるこの違いこそ問題です」と、人間の戦いの進化を研究したことで知られている米ハーバード大学の生物人類学者リチャード・ランガム氏は話す。チンパンジーなどの殺し合いをする霊長類で、もっとも頻繁に見られる同種間の殺人行為は子殺しである。しかし、人間は異なり、大人になってから殺し合うケースがほとんどだ。

「このような『大人の殺人クラブ』がある動物はごく少数です。オオカミ、ライオン、ブチハイエナなど、社交性と縄張り意識がある肉食動物の一部にしか見られません」

 人類の系統にはある程度の暴力性が流れこんでいるのかもしれない。だとしても、人間が暴力行為に及ぶのは当然と結論づけるのは誤りだろうというのがランガム氏の意見だ。殺人的な傾向について、彼は言う。「人間は本当に例外なのです」