史上最大の昆虫は何だろうか。古代から現代にいたるまで、巨大昆虫を探してみることにしよう。

70センチの空飛ぶ昆虫

 27インチのテレビをすっぽり覆い隠すほどの巨大な翅をもったトンボを、想像できるだろうか。米カリフォルニア大学サンタクルーズ校の古生物学者、マシュー・クラパム氏によると、これまでに発見された昆虫の化石で最大のものは、古代に生息していたオオトンボ(メガネウラやメガネウロプシス)だという。

 クラパム氏によると、米国で見つかった史上最大のオオトンボはメガネウロプシス(Meganeuropsis)属の一種で、翅を広げると約70センチ、3億年から2億8000万年前のものとされている。それに比べると現代のトンボは、翅を広げてせいぜい20センチほどだ。

 太古の巨大昆虫たちは、なぜ小型化したのだろう? 米国パデュー大学の昆虫学者、トム・ターピン氏は、先史時代の大気の酸素濃度の高さが関係するのではないかという。高濃度の酸素によって昆虫は大型化したが、酸素濃度が下がったときにそれらが生き残れなくなった可能性があると、ターピン氏はコメントする。

 鳥の登場も、昆虫の小型化の一因となった可能性がある。その根拠のひとつとして、鳥がより俊敏に飛べるようになったジュラ紀後期には、再び酸素濃度が上昇したにもかかわらず昆虫の小型化は進んだ、とクラパム氏は2012年の論文で指摘している。

「大型昆虫は、木の枝や地面から飛び立つときに小回りが利かなかった」ので、鳥と同じエサを奪い合うだけでなく、捕食もされやすかった、とクラパム氏は語る。

現代の怪虫たち

 現代で前翅の幅が最大とされるのは、中米や南米北部に生息するナンベイオオヤガで、その翅を広げた長さは約28センチと、人の足ほどの大きさがある、と米アリゾナ大学の昆虫学者、ケイティ・プルディック氏は言う。沖縄の八重山諸島に生息するヨナグニサンは、翅の表面積が最大で約40平方センチあり、約30平方センチのDVDケースよりも大きい。

 ニューギニア島に生息するアレクサンドラトリバネアゲハは、世界最大のチョウと呼ばれ、翅を広げた長さは20〜28センチある。「鳥たちと同じように、オスのほうが色鮮やかです」とプルディック氏。

 フロリダ大学編纂の『Book of Insect Records』によると、最も重い昆虫はキリギリスの仲間、ジャイアント・ウェタ(オバケハネナシコオロギ)だという。ウェタは、ニュージーランドの先住民マオリから「醜いものの神」と呼ばれている、とロジャー・プリディ著『Fact Bite: Bug Bites』に書かれている。

 絶滅が危惧されており、ニュージーランドでしか見られないこの昆虫は、重さが約70グラムと、ヒヨドリほどもある。ただし幼虫まで含めると、ゴライアスオオツノコガネの幼虫のほうが重く、116グラム近くにもなる。まさに「大きな赤ん坊」だ。

 長さを見るなら、最も長い昆虫はマレーシアのボルネオ島原産のナナフシの一種、チャンズ・メガスティックだ。メスは全長60センチ近くになる。