21日、園田競馬場で行われた第18回園田プリンセスC(2歳・牝・ダ1400m・1着賞金300万円)は、押してハナを奪った大山真吾騎手騎乗の1番人気ナンネッタ(牝2、兵庫・吉行龍穂厩舎)が、そのまま直線に入って後続を突き放し、2着の2番人気フィールザファイア(牝2、北海道・角川秀樹厩舎)に5馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分28秒9(重)。

 さらに3馬身差の3着に7番人気セカンドインパクト(牝2、兵庫・保利良次厩舎)が入った。なお、3番人気エピステーメ(牝2、兵庫・長南和宏厩舎)は6着に終わった。

 勝ったナンネッタは、父キンシャサノキセキ、母シアトルサンセット、その父Belong to Meという血統。デビュー2連勝での重賞制覇を飾った。

【勝ち馬プロフィール】
◆ナンネッタ(牝2)
騎手:大山真吾
厩舎:兵庫・吉行龍穂
父:キンシャサノキセキ
母:シアトルサンセット
母父:Belong to Me
馬主:森田藤治
生産者:レイクヴィラファーム
通算成績:2戦2勝(重賞1勝)