9月24日(土)・25日(日)に行われる新馬戦の出走馬が、22日確定した。

 今週は中山、阪神で計6鞍の新馬戦が組まれており、日曜阪神5Rには今春のクラシック戦線で活躍したエアスピネルの全弟エアウィンザー(牡、栗東・角居勝彦厩舎、父キングカメハメハ)が兄と同じく武豊騎手とのコンビでデビューする。出走する主な2歳馬は以下の通り。

※左から、馬名(性別、騎手・調教師、父馬)

◆9/24(土)
・中山5R(芝1600m・16頭)
ローズオブテキサス(牝、L.オールプレス・二ノ宮敬宇、ハービンジャー)…順調に乗り込まれ、追い切りは美浦Pコースで追走先着。良い動きを見せており、初戦から期待。

・阪神5R(牝・芝1600m・15頭)
デルマコイウタ(牝、池添謙一・高野友和、ディープブリランテ)…サンデーサイレンス産駒の半姉エアメサイアは2005年の秋華賞馬。他にも半兄エアシェイディなど、近親に活躍馬多数。

・阪神6R(ダ1400m・11頭)
オクラホマ(牡、C.ルメール・石坂正、ケープブランコ)…Majestic Warrior産駒の半兄ベストウォーリアは2014、15年のマイルチャンピオンシップ南部杯を連覇している。

◆9/25(日)
・中山4R(ダ1200m・16頭)
ダイメイライナー(牝、井上敏樹・本間忍、カネヒキリ)…順調に乗り込まれ、追い切りは美浦坂路でラスト1F12.2秒と鋭い動きを見せた。初戦から期待できそう。

・中山5R(芝2000m・13頭)
キャナルストリート(牝、柴山雄一・大竹正博、マンハッタンカフェ)…アグネスタキオン産駒の半姉ブロードストリートは2009年のローズSを勝った。本馬も調教で鋭い動きを見せており、素質は高そう。

・阪神5R(芝1800m・10頭)
エアウィンザー(牡、武豊・角居勝彦、キングカメハメハ)…母エアメサイアは2005年の秋華賞を優勝。本馬が最後の仔となる。全兄エアスピネルは今年の皐月賞・日本ダービーで4着に入っており、同日の神戸新聞杯に出走予定。