24日、阪神競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・牝・芝1600m・15頭)は、先団の後ろでレースを進めた川田将雅騎手騎乗の1番人気ミスエルテ(牝2、栗東・池江泰寿厩舎)が、直線に入って持ったままで楽々と抜け出し、2着の3番人気デルマコイウタ(牝2、栗東・高野友和厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分37秒2(稍重)。

 さらに1/2馬身差の3着に4番人気ティアドーロ(牝2、栗東・吉田直弘厩舎)が入った。なお、2番人気ジュンテオドーラ(牝2、栗東・友道康夫厩舎)は12着に終わった。

 勝ったミスエルテは、父Frankel、母ミスエーニョ、その父Pulpitという血統。母は現役時代に米GI・デルマーデビュータントSを制している。

【勝ち馬プロフィール】
◆ミスエルテ(牝2)
騎手:川田将雅
厩舎:栗東・池江泰寿
父:Frankel
母:ミスエーニョ
母父:Pulpit
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム