24日、阪神競馬場6Rで行われた新馬戦(2歳・ダ1400m・11頭)は、中団でレースを進めた岡田祥嗣騎手騎乗の5番人気コーカス(牡2、栗東・藤原英昭厩舎)が、直線で外に持ち出して突き抜け、2着の4番人気マテラスカイ(牡2、栗東・森秀行厩舎)に4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分25秒4(稍重)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に3番人気サトノクリエション(牡2、栗東・松田国英厩舎)が入った。なお、1番人気オクラホマ(牡2、栗東・石坂正厩舎)は5着、2番人気ハナビ(牡2、栗東・小崎憲厩舎)は8着に終わった。

 勝ったコーカスは、父ストリートセンス、母トークショウ、その父Diktatという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆コーカス(牡2)
騎手:岡田祥嗣
厩舎:栗東・藤原英昭
父:ストリートセンス
母:トークショウ
母父:Diktat
馬主:H.H.シェイク・モハメド
生産者:ダーレー・ジャパン・ファーム