25日、中山競馬場4Rで行われた新馬戦(2歳・ダ1200m・16頭)は、スタートを決めて好位につけた内田博幸騎手騎乗の5番人気ファンヴィー(牡2、美浦・黒岩陽一厩舎)が、直線で前を交わして先頭に立ち、最後は最内を突いてきた2番人気キンシノクリーン(牡2、栗東・浅見秀一厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分12秒1(重)。

 さらにアタマ差の3着に3番人気ダイメイライナー(牝2、美浦・本間忍厩舎)が入った。なお、1番人気ザッツクール(牡2、美浦・尾関知人厩舎)は9着に終わった。

 勝ったファンヴィーは、父フレンチデピュティ、母クラックコード、その父ダンスインザダークという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆ファンヴィー(牡2)
騎手:内田博幸
厩舎:美浦・黒岩陽一
父:フレンチデピュティ
母:クラックコード
母父:ダンスインザダーク
馬主:猿田栄二
生産者:岡田スタッド