25日、阪神競馬場で行われた神戸新聞杯(3歳・牡牝・GII・芝2400m)は、中団でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気サトノダイヤモンド(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)が、直線で前を交わして先頭に立ち、さらに同馬の内から並んできた6番人気ミッキーロケット(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)と競り合いも制して、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分25秒7(良)。

 さらに3馬身差の3着に4番人気レッドエルディスト(牡3、栗東・笹田和秀厩舎)が入った。なお、2番人気エアスピネル(牡3、栗東・笹田和秀厩舎)は5着、3番人気ナムラシングン(牡3、栗東・高野友和厩舎)は6着に終わった。

 勝ったサトノダイヤモンドは、父ディープインパクト、母マルペンサ、その父Orpenという血統。夏の上がり馬との接戦をキッチリと制し、最後の1冠獲りに向け弾みをつけた。なお、本馬及び2着のミッキーロケット、3着のレッドエルディストは10月23日に京都競馬場で行われる菊花賞の優先出走権を獲得した。

【勝ち馬プロフィール】
◆サトノダイヤモンド(牡3)
騎手:C.ルメール
厩舎:栗東・池江泰寿
父:ディープインパクト
母:マルペンサ
母父:Orpen
馬主:里見治
生産者:ノーザンファーム
通算成績:6戦4勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2016年きさらぎ賞(GIII)