25日、帯広競馬場で行われた第24回銀河賞(4歳・200m・1着賞金120万円)は、2つ目の障害を2番手でクリアした鈴木恵介騎手騎乗の1番人気センゴクエース(牡4、ばんえい・槻舘重人厩舎、積載重量750kg)が、先行する4番人気キンメダル(牡4、ばんえい・小北栄一厩舎、積載重量720kg)を一気に交わし去り、これに5.2秒差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分39秒8(馬場水分1.9%)。

 さらに0.7秒差の3着に3番人気アスリート(牝4、ばんえい・服部義幸厩舎、積載重量690kg)が入った。なお、2番人気バウンティハンター(牡4、ばんえい・金田勇厩舎、積載重量730kg)は10着に終わった。

【勝ち馬プロフィール】
◆センゴクエース(牡4)
騎手:鈴木恵介
厩舎:ばんえい・槻舘重人
父:ウンカイ
母:サダエリコ
母父:ダイヤテンリユウ
馬主:千石貞子
生産者:芝桜高橋牧場
通算成績:27戦19勝(重賞8勝)