8日、佐賀競馬場で行われた第4回耶馬溪賞(3歳上・ダ1400m・1着賞金60万円)は、スタート一息で後ろからの競馬となった岡村健司騎手騎乗の4番人気ダンシング(牝4、佐賀・真島元徳厩舎)が、向正面で一気に動いて3〜4コーナーで先頭に立ち、そのままゴールまで押し切って、2着の1番人気テイエムシシオー(牡7、佐賀・坂井孝義厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分28秒0(不良)。

 さらにクビ差の3着に5番人気カシノエルフ(牡7、佐賀・古賀光範厩舎)が入った。なお、2番人気ケンシスピリット(牡5、佐賀・手島勝利厩舎)は5着、3番人気フュテール(牡3、佐賀・中川竜馬厩舎)は11着に終わった。

 勝ったダンシングは、父アッミラーレ、母ミルフィーユ、その父リアルシャダイという血統で、これが重賞初制覇。今年デビューの岡村健司騎手にとっても初めての重賞勝利となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ダンシング(牝4)
騎手:岡村健司
厩舎:佐賀・真島元徳
父:アッミラーレ
母:ミルフィーユ
母父:リアルシャダイ
馬主:副島義久
生産者:大西ファーム
通算成績:31戦4勝(JRA19戦1勝・重賞1勝)