10日、京都競馬場で行われた京都大賞典(3歳上・GII・芝2400m)は、2番手でレースを進めた武豊騎手騎乗の1番人気キタサンブラック(牡4、栗東・清水久詞厩舎)が、直線で先頭に立ってゴールまで押し切り、好位追走から差を詰めた6番人気アドマイヤデウス(牡5、栗東・橋田満厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分25秒5(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に2番人気ラブリーデイ(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。なお、3番人気サウンズオブアース(牡5、栗東・藤岡健一厩舎)はラブリーデイから3/4馬身差の4着に終わった。

 勝ったキタサンブラックは、父ブラックタイド、母シュガーハート、その父サクラバクシンオーという血統。昨秋の菊花賞、今春の天皇賞を制しながらこれまで一度も1番人気に支持されたことがなかったが、今回キャリア12戦目にして初めて断然の支持を得て、これにキッチリと応えて見せた。重賞はこれで5勝目。

【勝ち馬プロフィール】
◆キタサンブラック(牡4)
騎手:武豊
厩舎:栗東・清水久詞
父:ブラックタイド
母:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
馬主:大野商事
生産者:ヤナガワ牧場
通算成績:12戦7勝(重賞5勝)
主な勝ち鞍:2016年天皇賞・春(GI)