10月15日(土)・16日(日)に行われる新馬戦の出走馬が、13日確定した。

 今週は東京、京都、新潟で計9鞍の新馬戦が組まれており、日曜京都5Rには現役時代にGI・6勝を挙げたブエナビスタの初仔・コロナシオン(牝、栗東・池添学厩舎、父キングカメハメハ)がC.ルメール騎手とのコンビでデビューする。出走する主な2歳馬は以下の通り。

※左から、馬名(性別、騎手・調教師、父馬)

◆10/15(土)
・東京4R(ダ1400m・16頭)
セイウンストリーム(牡、勝浦正樹・水野貴広、Twirling Candy)…米国産馬。美浦南Wで乗り込まれ、直前の追い切りでも良い動きを見せた。仕上がりが良さそうで、初戦から期待。

・東京5R(芝1600m・18頭)
ボーダーオブライフ(牡、戸崎圭太・金成貴史、キンシャサノキセキ)…フジキセキ産駒の半姉エイジアンウインズは2008年のヴィクトリアマイルを制した。また、ディープインパクト産駒の半姉エバーブロッサムもオークスで2着に入っている。

・京都4R(ダ1800m・11頭)
イスラドラーダ(牡、池添謙一・高野友和、ダイワメジャー)…フジキセキ産駒の半兄イスラボニータは2014年の皐月賞馬。調教の動きも良く、期待できそう。

・京都5R(芝1200m・9頭)
タガノスタッブス(牝、松山弘平・浅見秀一、キングズベスト)…キングカメハメハ産駒の半兄タガノグランパは2014年のファルコンSを制している。

◆10/16(日)
・東京3R(芝1400m・13頭)
シーソルティキッス(牝、北村宏司・奥村武、キングカメハメハ)…全姉アパパネは2010年の牝馬3冠など、GI・5勝を挙げた。調教でも動いていて、初戦から期待できそうだ。

・東京4R(芝1800m・13頭)
ノーブルクラウン(牝、柴山雄一・木村哲也、ゼンノロブロイ)…スペシャルウィーク産駒の半兄リーチザクラウンは2009年の日本ダービー2着馬で重賞を2勝。引退後は種牡馬入りし、今年デビューの産駒が続々と勝ち上がっている。

・京都4R(ダ1200m・11頭)
ゼットガンバー(牡、松山弘平・池添兼雄、パイロ)…順調に乗り込まれ、中間から良い動きを見せている。仕上がり早そう。

・京都5R(芝1800m・10頭)
コロナシオン(牝、C.ルメール・池添学、キングカメハメハ)…母ブエナビスタは2011年のジャパンCなどGIを6勝した名牝。本馬はその初仔となる。

レッドオルガ(牝、武豊・藤原英昭、ディープインパクト)…兄にリディル、クラレント、レッドアリオン、サトノルパンと4頭の重賞ウイナーがいる良血。全姉レッドアヴァンセも同日のGI・秋華賞に出走予定。

・新潟5R(牝・芝1400m・18頭)
アイフィルプリティ(牝、木幡巧也・田中剛、ダノンシャンティ)…順調に乗り込まれ、追い切りでも良い動きを見せた。血統的にも条件が合いそう。