16日、京都競馬場で行われた秋華賞(3歳・牝・GI・芝2000m)は、中団でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の3番人気ヴィブロス(牝3、栗東・友道康夫厩舎)が、直線で外から一気に脚を伸ばして各馬を差し切り、好位追走から伸びた4番人気パールコード(牝3、栗東・中内田充正厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分58秒6(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に8番人気カイザーバル(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)が入った。なお、2番人気ジュエラー(牝3、栗東・藤岡健一厩舎)は4着、1番人気ビッシュ(牝3、美浦・鹿戸雄一厩舎)は10着に終わった。

 勝ったヴィブロスは、父ディープインパクト、母ハルーワスウィート、その父Machiavellianという血統。紫苑S2着からの逆転勝利で見事GIタイトルを獲得、2012年の本レースでハナ差敗れた全姉ヴィルシーナの無念も晴らした。

【勝ち馬プロフィール】
◆ヴィブロス(牝3)
騎手:福永祐一
厩舎:栗東・友道康夫
父:ディープインパクト
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
馬主:佐々木主浩
生産者:ノーザンファーム
通算成績:7戦3勝(重賞1勝)