16日、佐賀競馬場で行われた第18回九州大賞典(3歳上・ダ2500m・1着賞金200万円)は、2番手でレースを進めた田中純騎手騎乗の3番人気ヴィルトグラーフ(セ6、佐賀・九日俊光厩舎)が、2周目3コーナー手前で先頭に立って、そのまま後続を寄せ付けずゴール。2着の4番人気コスモガラサ(牡7、佐賀・大島静夫厩舎)に7馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分46秒2(重、レコード)。

 さらに4馬身差の3着に1番人気コウザンゴールド(牡4、佐賀・手島勝利厩舎)が入った。なお、2番人気キョウワカイザー(牡6、佐賀・大垣敏夫厩舎)はコウザンゴールドから4馬身差の4着に終わった。

 勝ったヴィルトグラーフは、父ゼンノロブロイ、母メジロヴィーナス、その父トニービンという血統。重賞はこれで3勝目。

【勝ち馬プロフィール】
◆ヴィルトグラーフ(セ6)
騎手:田中純
厩舎:佐賀・九日俊光
父:ゼンノロブロイ
母:メジロヴィーナス
母父:トニービン
馬主:上原純一
生産者:社台コーポレーション白老ファーム
通算成績:44戦7勝(JRA31戦3勝・重賞3勝)