14日、京都競馬場4Rで行われた新馬戦(3歳・ダ1400m・16頭)は、好位でレースを進めた松若風馬騎手騎乗の5番人気クインズマラクータ(牡3、栗東・山内研二厩舎)が、直線で脚を伸ばして、2番手追走から一旦は先頭に立った4番人気シュンノカミ(牡3、栗東・松元茂樹厩舎)を捕らえ、最後はこれに2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分27秒4(稍重)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に3番人気スズカチャレンジ(牡3、栗東・木原一良厩舎)が入った。なお、2番人気エイシンククルカン(牡3、栗東・西園正都厩舎)は11着、1番人気クィーンズロード(牝3、栗東・橋口慎介厩舎)は13着に終わった。

 勝ったクインズマラクータは、父ゴールドアリュール、母ケイアイデイジー、その父クロフネという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆クインズマラクータ(牡3)
騎手:松若風馬
厩舎:栗東・山内研二
父:ゴールドアリュール
母:ケイアイデイジー
母父:クロフネ
馬主:亀田和弘
生産者:新冠橋本牧場