14日、中山競馬場で行われた菜の花賞(3歳・牝・500万・芝1600m)は、好位でレースを進めた大野拓弥騎手騎乗の6番人気スズカゼ(牝3、美浦・伊藤正徳厩舎)が、直線で前を交わして抜け出し、最後は中団から追い上げてきた1番人気シンボリバーグ(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分36秒1(良)。

 さらにクビ差の3着に3番人気アピールバイオ(牝3、美浦・牧光二厩舎)が入った。なお、2番人気ラーナアズーラ(牝3、美浦・畠山吉宏厩舎)は7着に終わった。

 勝ったスズカゼは、父ディープブリランテ、母バレンソール、その父アフリートという血統。これで通算成績は6戦2勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆スズカゼ(牝3)
騎手:大野拓弥
厩舎:美浦・伊藤正徳
父:ディープブリランテ
母:バレンソール
母父:アフリート
馬主:ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
生産者:藤原牧場
通算成績:6戦2勝