14日、京都競馬場で行われた白梅賞(3歳・500万・芝1600m)は、先手を取った浜中俊騎手騎乗の4番人気オールザゴー(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の3番人気ナンヨーマーズ(牡3、栗東・清水久詞厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒8(良)。

 さらにクビ差の3着に2番人気サロニカ(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)が入った。なお、1番人気サングレーザー(牡3、栗東・浅見秀一厩舎)はスタート直後に躓き鐙が外れるアクシデントもあって9着に終わった。

 勝ったオールザゴーは、父ステイゴールド、母アルーリングボイス、その父フレンチデピュティという血統。これで通算成績は5戦2勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆オールザゴー(牡3)
騎手:浜中俊
厩舎:栗東・矢作芳人
父:ステイゴールド
母:アルーリングボイス
母父:フレンチデピュティ
馬主:サンデーレーシング
生産者:社台コーポレーション白老ファーム
通算成績:5戦2勝