14日、中京競馬場で行われた愛知杯(4歳上・牝・GIII・芝2000m)は、道中は後方に構えた岩田康誠騎手騎乗の1番人気マキシマムドパリ(牝5、栗東・松元茂樹厩舎)が、直線で外から一気に突き抜け、2番手追走から粘った10番人気サンソヴール(牝6、美浦・和田正一郎厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分1秒4(稍重)。

 さらに1馬身差の3着に6番人気クインズミラーグロ(牝5、美浦・和田正道厩舎)が入った。なお、3番人気クリノラホール(牝4、栗東・谷潔厩舎)は7着、2番人気プリメラアスール(牝5、栗東・鈴木孝志厩舎)は9着に終わった。

 勝ったマキシマムドパリは、父キングカメハメハ、母マドモアゼルドパリ、その父サンデーサイレンスという血統で、これが重賞初制覇。鞍上の岩田康誠騎手は2015年9月の小倉2歳S以来、久々のJRA重賞勝利となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆マキシマムドパリ(牝5)
騎手:岩田康誠
厩舎:栗東・松元茂樹
父:キングカメハメハ
母:マドモアゼルドパリ
母父:サンデーサイレンス
馬主:グリーンファーム
生産者:社台ファーム
通算成績:19戦5勝(重賞1勝)