<14歳の少女が集団暴行の末殺された事件をきっかけに、インドネシアでは子供相手の性犯罪者には去勢や死刑などの厳罰を科すことになった。これは、世界的な趨勢でもある>(写真は、14歳の少女を殺した容疑者たちの公判)

 インドネシアの国会は先週、子どもが相手の性犯罪者に対して、化学的去勢や禁固10年以上の実刑、最高は死刑もありうる厳罰を科す法案を賛成多数で可決した。英BBCニュースが伝えた。ジョコ・ウィドド大統領が5月に大統領令を発令していた。

 インドネシア医師会は、厳罰化は医師の職業倫理を侵害するものだと抗議する声明を発表した。新たな罰則によって、子どもを対象にした性犯罪の再犯者には最低で10年の禁固刑が科せられるほか、刑期を終えて出所した後もマイクロチップを装着して捜査当局が追跡したり、薬物などを投与する化学的去勢も可能になる。英インディペンデント紙によると、「性犯罪者が子どもを殺害したり、心的外傷や性感染症にした」場合は死刑にする。

【参考記事】カンボジア「小児性愛天国」の悪名返上か

 今回の厳罰化のきっかけは、4月にスマトラ島で14歳の少女が未成年を含む少年らの犯罪グループに集団で性的暴行を加えられ、殺害された事件だ。少女の遺体は裸で木にくくりつけられた状態で発見された。

去勢は外科手術もしくは薬物で

 化学的去勢では、体内に女性ホルモンを注入して性的衝動や性行動を抑制する。すでにポーランドや韓国、ロシア、アメリカの複数の州でも導入済みだ。イリノイ州やオハイオ州、カリフォルニア州、アーカンソー州などでは、重い性犯罪の再犯者は出所の条件として、外科手術もしくは薬物による去勢を選択しなければならない。

 1991年に米ジョンズ・ホプキンス大学が行なったある研究で、化学的去勢をした後の5年間で再び性犯罪行為に及んだ割合は全体の10%以下だった。だが別の研究では、処置後に男性ホルモンのテストステロンが急激に増えたり、性的欲求が高まったりした事例も明らかになった。

【参考記事】韓国で悪質な性犯罪者は「去勢」に

 厳罰化を批判してきた国内の反対派は、すぐに去勢の実効性に疑問の声を上げた。

「化学的去勢を実施している国々でも、子どもに対する性犯罪は減っていない」とインドネシアの国家女性委員会は声明を発表した。「去勢には多額の費用がかかる。国民のお金を投資すべきなのは、被害者支援のほうではないのか」

(International Business Times)


ティム・マーチン