広告代理店最大手の電通は、インターネット上の広告を契約どおりに掲載せずに、少なくとも111社の顧客企業に合わせて2億円余りの広告料を不適切に請求し、一部を受け取っていたことが明らかになりました。