22日、沖縄本島の沖合でアメリカ海兵隊の攻撃機が墜落した事故を受けて、沖縄県の安慶田副知事は外務省の沖縄担当大使と沖縄防衛局長を県庁に呼び、「現在行われている安全管理が十分だとは言いがたく、怒りを禁じえない」と抗議しました。