三菱自動車工業は、軽乗用車の「ミニキャブ」など3車種で、クラクションの部品の不具合のため、繰り返し水がかかると音が出なくなるおそれがあるとして、13万台余りのリコールを国土交通省に届け出ました。