14日と15日は、上空にこの冬一番の寒気が流れ込む影響で、すでに大雪となっている北日本の日本海側を中心に積雪がさらに増えるほか、東日本と西日本の平地でも雪が積もるところがある見込みです。大学入試センター試験の日程と重なることなどから、気象庁は、交通への影響などに警戒し、早めの対策を進めるよう呼びかけています。

気象庁によりますと、強い冬型の気圧配置の影響で、北日本の日本海側の山沿いを中心に雪が降り続き、局地的に大雪になっています。

午後1時の積雪は、青森県八甲田山系の酸ヶ湯で2メートル46センチ、山形県の大蔵村肘折で2メートル42センチ、北海道の幌加内町朱鞠内で1メートル76センチ、新潟県魚沼市西名で1メートル28センチ、などとなっています。

14日と15日は、北日本の上空に氷点下42度以下のこの冬一番の寒気が流れ込むほか、東日本と西日本にも強い寒気が広がって、冬型の気圧配置が一段と強まる見込みです。

このため、すでに大雪となっている北日本の日本海側の山沿いを中心に積雪がさらに増えるほか、北陸や西日本の日本海側、関東甲信、東海、それに、四国の山沿いを中心に大雪となり、東日本と西日本の太平洋側の平地でもところによって雪が積もるおそれがあります。

14日の昼までに降る雪の量は、いずれも山沿いの多いところで、新潟県で90センチ、北陸で80センチ、長野県と東海で70センチ、近畿北部で60センチ、関東北部と中国地方で50センチ、東北の日本海側で40センチ、北海道の日本海側で30センチと予想されています。

その後も雪の量はさらに増える見込みで、14日の昼から15日の昼にかけては、いずれも山沿いの多いところで、新潟県で1メートルから1メートル20センチ、北陸で80センチから1メートル、東北の日本海側と関東北部、東海で60センチから80センチ、長野県と近畿、それに中国地方で40センチから60センチ、北海道の日本海側で20センチから40センチと予想されています。

気象庁は、大雪や路面の凍結による交通への影響に警戒し、雪崩にも十分注意するとともに、大学入試センター試験の日程と重なることなどから、最新の気象情報を確認して早めの対策を進めるよう呼びかけています。
【各地で大雪などに警戒必要な時間帯】気象庁によりますと、「大雪」や「猛吹雪」、それに「暴風」に警戒が必要な時間帯の目安は次のとおりです。

【北海道】
北海道では15日の昼ごろから翌16日の昼ごろにかけて雪が強まるため大雪に警戒が必要です。また、14日の未明から夜遅くにかけては「猛吹雪」や「暴風」にも警戒が必要です。

【東北】
東北では、14日の昼ごろから16日の夜遅くにかけて雪が強まり「大雪」に警戒が必要です。また、14日の夜から15日の夜遅くにかけては「猛吹雪」や「暴風」にも警戒が必要です。

【北陸】
新潟県と北陸では、16日の夜遅くにかけて「大雪」に、14日の昼ごろから15日の夜遅くにかけて「猛吹雪」や「暴風」に警戒が必要です。

【関東北部・東海・甲信・近畿】
また、関東北部では、14日の明け方から16日の昼ごろにかけて、甲信地方では16日の昼ごろにかけて、東海では、これから15日の夜遅くにかけて、近畿では14日の朝から15日の夜遅くにかけてそれぞれ「大雪」に警戒が必要です。

【中国地方】
中国地方では山陰を中心に、14日の昼ごろから15日の昼ごろにかけて「猛吹雪」や「暴風」に警戒が必要です。