政府は、14日以降、すでに大雪となっている北日本の日本海側を中心に積雪がさらに増え、東日本と西日本の平地でも雪が積もるところがある見込みとなっていることなどから、午後4時45分に、総理大臣官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、関係省庁や自治体などと連絡を取って警戒にあたっています。