13日夕方、北海道帯広市で路線バスと軽乗用車が衝突する事故があり、軽乗用車に乗っていた女性1人が大けがをして手当てを受けています。当時、路面は積もった雪が踏み固められて滑りやすい状態だったということで、警察は軽乗用車がスリップして対向車線にはみ出したと見て調べています。

13日午後4時20分ごろ、帯広市西4条南26丁目で軽乗用車が対向車線を走ってきた路線バスと衝突しました。

この事故で、軽乗用車は左側面が大きく壊れ、助手席に乗っていた市内に住む75歳の女性が意識のない状態で病院に運ばれました。

警察によりますと、女性はその後、意識を回復したものの、大けがをして手当てを受けています。

路線バスには乗客数人が乗っていましたが、いずれもけがはありませんでした。

現場は、帯広市の中心部に近い片側1車線の道路で、当時、路面は積もった雪が踏み固められて滑りやすい状態だったということです。

警察は、軽乗用車がスリップし対向車線にはみ出したと見て、運転していた男性から話を聞くなどして詳しい原因を調べています。