この冬一番の強い寒気の影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に雪が降り続き、大雪となっているところがあるほか、東海などの平地でも雪が降っています。15日にかけては日本海側で積雪がさらに増えるほか、東日本や西日本の太平洋側の平地でも雪が積もるおそれがあり、気象庁は大雪や吹雪、それに吹きだまりによる交通への影響などに警戒するよう呼びかけています。